妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろず占い処 陰陽屋へようこそ

 いや やっぱりもぅあれこれとね ・・・ フフフ
よろず占い処 陰陽屋へようこそ (ポプラ文庫ピュアフル)
天野 頌子
4591122379

この作品は以前 単行本が出た時に読んでニヤリとしてまして、
「 シリーズ化してほしいわ 」 なんて言ってたんですが
そのままうっかりチェック漏らしておったんです。
「 文庫化されて 今はもう3巻まで出てる 」 と
竹島ちゃんに教えていただき ( ありがとーでーす♪ ) 早速あまぞんでお取り寄せ。
加筆あり~ので 書き下ろし番外編が1編追加されている文庫第一巻。
久々に読んだ 陰陽屋の世界 はやっぱり楽しかったですよぅ ♪

実は妖孤の瞬太くん しっぽ見えてるんだからもぅバレバレだよ って
思うんだけど 本人必死に隠してるつもりらしいから
皆 気づいてない振りしてくれてる って
もぅ なんて優しいんだろね。 愛されてるな~瞬太くん。
この雰囲気が 全体に心地よい空気を生んでいるでしょうな ♪

番外編の 『 キツネ取材日記 』
これは単行本にもありましたね。 高坂くんの日記です。
瞬太くんを見つめまくってます。たまらん見つめっぷりです。
高坂くん 腹黒くさも素敵 (笑) フフフです v

書き下ろしの 『 大きな桜の木の下で 』
祥明 小学生の頃のお話。 幼馴染の秀行さんとえらいものを発見します。
祥明さんの母 あまりに怖ろしい ・・・ あれはアカン アカンよ。

単行本時のニヤリはこんなでした → 『 陰陽屋へようこそ 』

微萌度 : ★★★★ ( やっぱり大人組・中学生組 それぞれにイイですv
       色々心地イイ フフフ v )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments


こんにちは。本当に、番外編の「大きな桜の木の下で」を何度読んでも祥明の母、優貴子の恐怖が、よみがえります。そして、第三話「失せ物探し」の時のこんなことをおもいました。。あの後瞬太と祥明は、「多分新幹線で帰ったと思いますが、瞬太は、自分の耳や尻尾をかくして帰ったのかな…・。」とかんがえてしまいました。

竹島 URL | 2012/06/21 22:21 [ 編集 ]

耳と尻尾
こんにちは♪
あの後の瞬太と祥明
> 瞬太は、自分の耳や尻尾をかくして帰ったのか・・・
ほんとにー(笑)いろんなシチュエーション考えると
それぞれでかなり楽しい状況が生まれますな♪ うふふふふv

きろく URL | 2012/07/01 16:36 [ 編集 ]


はい、そうですね。いろいろ考えていると楽しいです。尻尾本当にどうやって隠したのか疑問です。もう一つは、やっぱりひっぱたら痛いと思います尻尾。

竹島 URL | 2012/07/02 22:21 [ 編集 ]

ふふ~v
コメント承認遅くなってごめんなさい~。
尻尾って なんでこんなにイイのかなぁ
なんて ふふ~んvって思っちゃいました。
今の私 暑さにやられています いや いつもこんな感じかも(笑)

きろく URL | 2012/07/24 20:50 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/921-fb53af16


まとめtyaiました【よろず占い処 陰陽屋へようこそ】
 いや やっぱりもぅあれこれとね ・・・ フフフよろず占い処 陰陽屋へようこそ (ポプラ文庫ピュアフル)天野 頌子 この作品は以前 単行本が出た時に読んでニヤリとしてまして、「...
今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。