妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双頭のバビロン

 本当に深い想いで 絆で結ばれているのは ・・・
双頭のバビロン
皆川 博子
4488024939

1920年代 ハリウッドと上海
二大魔都市で繰り広げられる運命の物語。


どこまで触れていいものやら、ネタバレの域が掴みづらいっす (汗)

オーストリア貴族の血を引く双子 ゲオルクとユリアン。
ある秘密を持って生まれた二人は 引き離され
ゲオルクは名家の跡取りとして ユリアンはその存在を抹消されて育つ。
奔放に生きるゲオルクは新大陸アメリカへ渡り 映画の世界へ踏み込む。
一方のユリアンは 『芸術家の家』 と呼ばれる場所に半ば隔離された環境で
同年代の少年・ツヴェンゲルと共に高度な教育を受けて育つ。
ゲオルク ユリアン そしてツヴェンゲル
この3人の運命が徐々に交差し始め 絡み合い 縺れてゆく ・・・

え~ 長編ではありますが グイグイ持っていかれます。
とっても 皆川博子さんワールド。 ある種のガッツリ。
誰と誰がどう って言うのもネタバレなのかな~。
ゲオルクとユリアンの秘密 についても
はっきり書いちゃってあるレビューも多々あるようなんで
書いっちゃいいのかな~ とも思うんですが
作品の冒頭では その辺を意味ありげに謎めいた書き方がされているので
やっぱりネタバレにあたるよな っちゅうことで ここでは止めときます。
え~と ・・・
読んでみてください。

微萌度 : ★★★★ ( 再会シーンがいいんだッ! 判っちゃうんだよ うん ) 

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/918-b1a8c17f


まとめtyaiました【双頭のバビロン】
 本当に深い想いで 絆で結ばれているのは ・・・双頭のバビロン皆川 博子 1920年代 ハリウッドと上海二大魔都市で繰り広げられる運命の物語。どこまで触れていいものやら、
今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。