妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の1冊 『僕の頭を傘で叩くのが癖になっている男がいる』

5月です。
スペッと晴れたり ガッと雨が降ったりコロコロとよく変わる、
ある意味 春らしいお天気が続いてますな。
5月といえば 端午の節句 っちゅうことで
何かそれ繋がりのお話を ・・・ と思って物色してたんですが
プロジェクト杉田玄白さんで 面白い作品を初読しちゃったんで
今月はそこへリンクさせていただく事にしました。
5月も端午の節句も全然関係なくなっちゃたけど まぁよし(苦笑)

5月の 今月の1冊は
フェルナンド・ソレンティーノ著
『 僕の頭を傘で叩くのが癖になっている男がいる 』 です。
もぅ タイトルがソソリますよ。 何?って(笑)

ある日 突然 見知らぬ男に傘で頭を叩かれる という
わけの分からない事態に陥ってしまった青年。
1発叩かれたわけじゃありません。 ぽこぽこ叩かれ続けてます。
この超不条理な状態に 青年はどう反応し 対処していくのでしょう ・・・


この不条理な事態は何を象徴しているのだろう とか
どのような主張を こんな風に置き換えて書かれたのだろう とか
そんな事は 考えず
ニヤリ的にいくには
直球で 読みましょう。
自分の頭を無言で叩き続ける男 に対する青年の心境の変化が
ある方向の ニヤリ です。
叩く男の方に想いを馳せるのもいいかもしれません。
ずっと ついてくるんですよ。
青年が超プライベートなことしてる空間にも ずっと。
どんな目にあっても ずっと 優しくぽこぽこ叩き続けてるんですよ。
な~んか ね v 楽しいぞ v

このリンクは プロジェクト杉田玄白 を経て
寺岡美奈さん訳のページに繋がっています。
この作品は 柴田元春さんの訳で文春文庫からも出ているそうなので
そのうちチェックしてみよう ♪ 文庫タイトルは 『 Sudden Fiction 2 』

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/911-72042ce0


まとめtyaiました【今月の1冊 『僕の頭を傘で叩くのが癖になっている男がいる』】
5月です。スペッと晴れたり ガッと雨が降ったりコロコロとよく変わる、ある意味 春らしいお天気が続いてますな。5月といえば 端午の節句 っちゅうことで何かそれ繋がりのお話...
今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。