妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の1冊 『 殺意の造型(ヘア)』

先月はブログ始めて以来
一番更新出来てない一ヶ月となってしまいました。
この間 ご訪問くださってた皆様 ほんとごめんなさい。
そういえば 3月はブログ開設7年目を迎えた月でありました。
長ッ! それなのにニヤリ紹介数 少なッ(汗)
ニヤリ溜め込まず ちゃんと叫んでいかねば と
気を引き締めなおしたところであります。

と言いながら もう4月も5日となりました(汗)
遅ればせながら 4月の 今月の1冊
森村誠一さんの 『 殺意の造型(ヘア)』 にしてみました。

若者から人気を集め 繁盛している理容店で
客がカミソリで斬られ死亡するという事件が起こった。
様々な不可抗力によって齎された過失 と判断され
殺意も認められない不運な事故として処理された1件だったが
宮下刑事だけは 加害者に ある疑いを抱き ・・・


社会派ミステリか 本格か と思いきや
偏執者同士の絡み合い へと発展していきます(笑)
自分の創造したヘアスタイルに異常なまでに執着する理容師・深尾
執拗に深尾に纏わり付く宮下刑事
宮下刑事の頭の形が気に入っちゃう深尾
いつか牙を剥くかもしれない深尾のカミソリに喉元を委ね、
緊迫感にいつしか快感を覚え始める宮下刑事。

ラストがもぅ 凄いです。

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/905-b5e5b99c


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。