妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の1冊 『 この握りめし 』 

改めて 明けましておめでとうございます。
今年はTVにかぶり付いてお正月を過ごしているきろくです。
今現在も 『忍たま』映画を観ながら ・・・
このお話大好きさ v 映像もとっても綺麗だし v
皆が らしくて可愛いし キャラ萌え大会でもあるし ニヤリとなるし v
忍たま って幸せに元気になれるからいいね ♪

さて 2012年最初の 『 今月の1冊 』
1月は 岸田国士著 『 この握りめし 』 にしてみました。

群馬県の小さな村の駐在所に勤務する巡査・増田健次。
真面目で弱者を苛めることもない増田青年は評判のいい警察官である。
ある日 旅館の主人から
「 1ヶ月も金を払わず泊まっている男がいる 」 と訴えがあった。
とりあえず話しをしに出向いた増田は 岡田という貧乏画家と出会う ・・・


話すうちに段々と惹かれあう2人。
徐々に互いに慣れていく様子がイイです。
ラストの会話 最後の1行がイイんです v

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/892-edca9a1c


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。