妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のニヤリ本とか12月のMy定番とか

ちっとも更新出来てなくて駄目ダメです× 反省
本読むペース自体ずいぶん落ちている今日この頃。
それでも 読んだ中でニヤリな作品をとりあえずタイトル列挙します。

『開かせていただき光栄です』 皆川博子著
開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ・ミステリワールド)
皆川 博子 佳嶋
4152092270

皆川さんの雰囲気濃厚 素敵な男達がいます。
18世紀には忌まわしいものと見られている解剖 とか
見知らぬ亡骸 とか 消えた少年の行方 とか 謎めいて
でも重さはなく スルスルと展開されていくミステリです。
表紙が若干グロ・・・ 美なんですけどね。

『 般若同心シリーズ 』
般若同心と変化小僧 天保怪盗伝 (ベスト時代文庫)
小杉 健治
4584366004

江戸ものです。
数奇な運命で繋がる2人の男(30代)がいます。
同心と義賊という相容れない者同士でありながら がっつり仲良し。
この義賊の変化小僧というのがなんともイイんです。
色々化けます。女にも化けられます。それも超絶美人にv彼の存在にニヤリです。
今は8巻まで続いているようです。
私は現在6巻まで読了。巻を重ねても変化小僧はニヤリを裏切りません。

他は
12月に入ると無意識に乱歩先生に手が伸びて(苦笑)
今は著作ではなく 『 乱歩「東京地図」 』 という
乱歩自身とその東京 作品と街々の関わりを追った乱歩本を再読中。
あと、今年は横溝正史にも手を出してます。金田一さんシリーズ。
『 貸しボート十三号 』 と 『 壺中美人 』 
分りやすいラインナップです(笑)

それぞれのニヤリはまた改めて と思うております♪  

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/885-9710b4f9


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。