妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の1冊 『 注文の多い料理店 』

11月でございます。
先月末はハロウィンっぽいことをすることもなく更新もないまま過ぎてしまい
大反省中でございます。

さて 11月の1冊は
宮沢賢治 『 注文の多い料理店 』 にしてみました。
少し前になりますが N○K 『 視点・論点 』 という番組で
「 宮沢賢治の世界 」 をテーマに青木裕子さんがお話をなさっておられるのを
偶々観ましてね。
その番組の最後は 鉄の彫刻家・安斉重夫氏の作品と共に
『 注文の・・・ 』 の朗読を聴くというものでした。
もともとね、この 『 注文・・・ 』 に登場する2紳士に
無理むり気味ながらのニヤリを感じておった私なんですが
安斉氏の作風である 細っこいヒョロリとした身体つきのオノコ が
ひゃぁひゃぁ言いながら身を寄せ合って震えている図 がなんとも ねv
っちゅうことで 私自身が改めて読み直したいというのもあって
今回はこれに。
無理むり気味ですからね 悪しからず。

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/878-9d21e480


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。