妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の1冊 『 正義 』

唐突に更新停滞してしまいました~×
8月に入ってすぐ、お泊りで研修なるものに参加しておったのです。
はじめましてな方とずっと相部屋だったりで
こんなに誰かとずっと一緒にいるなんて いつぶりかしら ってくらい
四六時中誰かと一緒でした。 ニヤリ本読めないしブログ開けられないし
ヤンジャン! 買い損ねちゃったんだよ~ (涙)
今となってはもうどこでも入手できないかな~ (涙)

っちゅうことで 8月入ってもぅ1週間も経っちゃいましたが
今月の1冊は 浜尾四郎作品 『 正義 』 を選んでみました。

高校・大学時代 共に学び、深く信頼し合い 情を分かち合った親友同士の
衣川柳太郎 と 清川純。
社会に出て それぞれの道を歩む内に暫く顔を合わす機会もなくなっていたが
ある事件の公判の夜、柳太郎の家を清川が訪ねてきた。
深い 重い 秘密を胸に秘めて ・・・


2人の仲睦まじさを 「 愛し合った 」 と表現しているのは
まぁ書かれた時代の言葉遣いの温度とか浜尾四郎氏だし とかあるのでアレですが
とにかく 想いが深いです。
真実がはっきり語られる前に事情は読めてくるんですが
なかなかはっきり言わないその言い回しが なんとも苦しげで悩ましげで
想いに溢れているんです。
最後の最後まではっきりとは口に(筆に)出来なかった清川の苦悩。
柳太郎を想うその心が堪らんですよ。
森木氏はあまりに気の毒ですがね。

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments


ご無沙汰しております!!お引っ越しやら合宿研修的なのやらでお忙しかったようで!!
私は7月にフランスとイギリスと大阪、という物凄い移動距離を旅行致しました笑
そして夏風邪をこじらせて2週間ほど死んでおりました。。

9月には名古屋に行く予定でございます。まるでジプシーなみにさまよっていますよ!!

で、ご存知かもしれませんが!!お知らせ致します!!
<革命シリーズ>9巻が発売されていましたよ!!まだ途中までしか読んでいないのですが、アノ人やコノ人が!!そして相変わらず亮二は色んな人から愛されておりまする。。

サーシャの出番は今回も少ないのかも。。ショボン

あと1巻で最終回なのに革命どうやって起こすつもりなんでしょうか!五條さん!!!
っていうか革命起こさなくていいからまだ続けてくれーー!!というのが私の本心でございます。

バステト URL | 2011/08/10 14:58 [ 編集 ]

忙しさ革命家の如くですなッ
バステトさま こんにちわv
フランスにイギリスに大阪ですか!超ハードな日々をお過ごしなのですね。
ここ数日は燃え出しそうなほどの真夏日続きで普通に過ごしていても大変なのに~(汗)
名古屋も出張でですか?残暑厳しいらしいのでくれぐれもご自愛くださいませね。
夏風邪ぶり返されませんように~。

で!

<革命シリーズ>9巻出てましたかッ!ノーマークでした。ありがとございます。
> アノ人やコノ人が!! ← 想像が色んな角度からモクモクとvフツフツと~ッv
そして亮二は愛されまくりですか(笑)イイv イイっすね~v

9巻にきてもまだ終わっちゃいそうな雰囲気じゃないってとこですか?
ほんと「なんだか終わんなくなっちゃいました~」って言って
続けてくれても全然OKですけどね~(笑)

きろく URL | 2011/08/14 18:51 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/865-5e6b025c


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。