妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バチカン奇跡調査官シリーズ

 その存在が心の支えなのだと ・・・
バチカン奇跡調査官 千年王国のしらべ (角川ホラー文庫 ふ)
藤木 稟(7月25日発売予定)
4044498059

バチカンに寄せられる 奇跡の報告 の真贋を調査する捜査官
天才科学者の平賀・ヨゼフ・庚 と
古文書・暗号解読のエキスパート ロベルト・ニコラス
若き2人の神父が闇を秘めた謎に立ち向かう “ 奇跡調査官シリーズ ”
黒い想いを抱く美貌の司祭・ジュリアとの対決は ・・・ ? 


以前 シリーズ1冊目を読んで
「 次があるなら2人の神父がガッツリ組んで活躍してくれたらなv 」
と思っていたら まぁいつの間にか
ホラー文庫っちゅうことで3巻まで出ちゃってましたのね。
( 1冊目の感想はこんなでした → )
2冊目の 『 サタンの裁き 』 では新たな主要人物 手強く麗しい敵役の登場があって
3冊目 『 闇の黄金 』 は文庫書き下ろし。これからもグイグイいってくれそうな展開です。
バチカン奇跡調査官  サタンの裁き (角川ホラー文庫) バチカン奇跡調査官   闇の黄金   (角川ホラー文庫)
シリーズ1冊目でちょっと勿体無い感を感じたロベルト神父の扱いですが
2冊目からは美味しくしっかり活躍し始めてくれて
平賀神父との間柄もちらちらニヤリの薫りも漂ってイイ感じv
ニヤリの素はロベルト神父の平賀神父に対する依存気味とも見える拘りっぷりで。
「 平賀神父の無垢なる信仰心 純粋清らかなる魂 」 に惹かれ
救われる想いを抱いているロベルト というのはなかなか素敵なんです が ・・・
だんだんと平賀神父の変人要素が影を潜めてきちゃったのが残念だなと。
周りがヒクほどの集中力 科学へののめり込みっぷりは残しておいてほしいな。
どこか変人 ってのがイイんだよな。

美麗なる人物たちがテンコ盛りなシリーズ。
ひたすら無垢 よりもクセのある人としての平賀神父 と
清濁併せ持ち、迷い揺れ動く心を抱えた神父ロベルト との
想いあい 2個イチっぷりを堪能させてくれることを期待v
シリーズ4巻 『 千年王国の調べ 』 が7月25日に発売だそうな。
さぁ楽しみだ♪

微萌度 : ★★★ ( いっその事もうあからさまにガッツリな関係でいてくれていいよ
            と思ったりもするけど 彼ら信仰厚き神父さまたちだもんなぁ )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/861-786beca1


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。