妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫も杓子も猫かぶり

出久根 達郎著 【 猫も杓子も猫かぶり 】
オンライン書店ビーケーワン:猫も杓子も猫かぶり

『 銀太郎と丹三郎が、同時に言った。
  二人は、しばしば口が揃う。気が合う証拠だろう。 』


江戸物です。
主人公は 銀太郎 町人。 
“ 猫の似づら絵師 ” という変わった仕事をしている二十六歳 独り身。
他に “ 貧乏神売り ” の丹三郎、
饂飩作りが趣味で謎の多い老人 源蔵、
花梨等売りの女 きの など ちょっと変わった人物たちと
訳ありな女 おとく と 姫、
町方同心の大吉郎、
謎めいた男 庄兵衛、伝助 と沢山の人たちが
一匹の猫を因縁に大事件と関っていく痛快時代小説。

特に “ この人物同士にウフフ ” と言うのではなく、
出久根達郎さんの時代物に登場する殿方たちの仲の良さが
なんとも気持ちよかったりするので好きなんです。

微萌度: ( 微萌には要努力。殿方たちを微笑ましく見つめるという感じで。
丹さん銀さんなんてどうでしょう。 ) 

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/86-6d043c7b


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。