妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の1冊 『 月下のマラソン 』

引越し先が決まらないまま 退去期限の6月になりました。
今月末には現住所を引き払わねばなのに エライこっちゃです。
今日も低周波は唸っています。 ヴンヴンヴン ・・・ (涙)
まるで宇宙人の要塞が窓の外に待機しているような気がしてきます。
ここ数日は静かめで 要塞は少し離れた所に停まっている感じだったんですが
今日は朝から大接近 家にちょっぴりめり込んでいるかのような空気振動 (涙)
しんどいし 出て行く先は決まらないし 出ていけても結局
宇宙要塞はついて来るのが目に見えている地だし ・・・ はぁ×
最近ちょっとしたことが思い出せなくなるんですよね。
イライラしすぎで脳が疲れちゃってるのかねぇ。
漫画読んで 映画観て アニメ観て ドラマ観て 自分を癒そう。
ニヤリで癒そう。
いっぱいグチってすいません。ちょっと気分が楽になりました。

さて今日の本題 6月の1冊は
牧野信一著 『 月下のマラソン 』 にしてみました。
幻想的な作風で “ ギリシャ牧野 ” とよばれた作家さんだそうです。

『 月下の・・・ 』 は
旧制中学の学生同士が悲しい事件を経て永遠の友情を確信する姿を描いた短編。

マラソン選手として学校を代表する活躍を続ける沢田と岡村。
支えあい励ましあってきた2人は 生涯援け合って生きていこう と誓いあった仲。
マラソン選手としてのみならず 日常生活においても仲睦まじく過ごしていた彼らに
突然の悲劇が ・・・


自分の胸の奥に住まう沢田くんに永遠を見出した岡村くん。
月光に水面輝く海  その美しい光に照り映える松林
美しいです。 ちょっとニヤリと美しいです。
沢田くんの真っ直ぐな “ 友情 ”  岡村くんの哀しみと喪失そして永遠の想い。
ニヤリフィルター加工で読んでみてくださいませ。

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/854-622a5481


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。