妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の1冊 『 最初の苦悩 』

もう2月になっちゃいました~。
気合たっぷりだったのに1月もあまり更新出来なかったな ・・・

さて2月の1冊は カフカ の 『 最初の苦悩 』 にしてみました。
深読みしたくなるカフカ
何がしかの象徴として描かれているのか? などと読みたくなるカフカ ですが
ここは そのまま真っ直ぐに
「 相手の涙が自分の頬を伝い流れる 」 ほどに顔摺り寄せてる様を味わってみませう。

旅回りのサーカス団の空中ブランコ乗りの話。
興業中は昼も夜も 食事も何もかもを
テントの最上部に吊られたブランコの上で過ごすブランコ乗りの男。
興業地移動の時だけは仕方なく地上に降りてくるのだが
興業主は その間に男が味わう苦痛を少しでも軽く短くしてやる為に
いつも最善を尽くしている。
今回も電車内にハンモックを吊って そこに男を横たわらせ
興業主は傍に静かに寄り添っていた ・・・


興業主の気遣いっぷり・思いやりっぷりは
興業の目玉演者に対するもの って以上の優しさが溢れています。
直球読みで ちょっとニヤリ してみてください。

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/828-7486cd45


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。