妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒猫亭事件

 気がかりで仕方がない 大切な大切な奴

年末に乱歩 がここ数年 私の習慣だったんですが
先日 「 ニヤリ叫び待ち 」 のシリーズとして挙げた
金田一さん を再読したくなりまして、
ニヤリ的には大爆発・絶好調の作品 『 黒猫亭事件 』 を手に取りました。
本陣殺人事件 (他 車井戸はなぜ軋る・黒猫亭事件 収録)
横溝 正史
4041304083

つい先ごろ閉店したばかりの酒場 『 黒猫亭 』 の庭を
深夜に掘り返している男がいた。店の裏手にある寺の坊主・日兆である。
巡回中だった巡査が見咎めて声をかけると
「 昼間に人の足のようなものが見えたので気になって 」 と言う。
果たして そこから腐乱も激しい女の死体が発見されたのだが ・・・


埋められていた女 についての捜査から始まって
どんどん入り組んだ人間関係が浮かび上がってきます。
トリックもさすが横溝!な短編です。

ニヤリ的にどう大爆発なのか と言うと
多くのパトロンに愛される金田一さんですが
この作品では NO2パトロンにして溺愛度NO1の風間俊六 が
もう吃驚するくらい 金田一さん大好きっぷり を露わにしてくれてます。
中学の同級で上京仲間でもある風間さんと金田一さん。
一時は一緒に暮らしてました。その後 金田一さんが渡米したり、
帰国後も戦争で召集受けたりで離れ離れ。
今の風間さんは土建業で成功者となり、愛人を囲って店を持たせてやったりしてます。
金田一さんは終戦後色々あって 獄門島での事件を終えて帰ってきた所で
2人は偶然の再会を果たすのですが その再会シーンを読ませてくれるのが本作品。
もうニヤニヤが止まりませんよ。風間さんったら再会が嬉しくて
思わず金田一さんを囲っちゃいます。( ← え 違う? )
二号さんにやらせている割烹旅館の奥に住まわせて食住の世話をやいてます。
あまりにも 「 耕ちゃん 耕ちゃんv 」 言ってるので
二号さんのおせつさんも苦笑気味 (笑)
自分を挟んでイチャコラ会話を交わす2人には
度量の大きいおせつさんも閉口したことでしょう。
夜通しうわ言に苦しむ金田一さんを 夜っぴて心配! しちゃってる風間さんv
クライマックスでは 身悶え必至 なシーンも!
この素敵っぷり 是非お読みになって味わってみてくださいませ。

微萌度 : ★★★★ ( 風間さんといる金田一さんは小悪魔チックだと思うv
               風間さんのほうは もうベタ惚れですから - 笑 )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/816-7f55e0d7


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。