妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華竜の宮

 本物の人間のパートナーのように …
華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
上田 早夕里
4152091630

海底隆起によって陸地の大半が水没した25世紀の地球。
人類は 人工都市に居住する陸上民と
遺伝子改変操作で海での生活に適応した海上民とに別れて生き残っていた。
支配的な姿勢を見せる陸上民が海上民に対して露骨に危害を加える政策を
断行し始めた頃、地球は再び恐ろしい変動の時を迎えようとしていた …


黙示録的海洋SF巨編。 面白かったですよ~。
クサレ眼なしでも 深く大きく面白い作品でした。
惑星科学 っちゅうんですか?
地球の内部活動によってほとんどの陸地が水没した未来。
滅亡の危機に瀕した人類は宇宙へと逃げる … のではなく
地球にしがみついちゃうんですな。
遺伝子を弄って海で生きるのに適した人類を作ってしまう。
で、一部の人間だけ陸上民として人口都市で国家連合を組織して
海上民をも支配しようとしている。
当然 差別が生まれ 確執が発生し 微妙な危機を孕む関係になる。
日本政府の外交官・青澄誠司は
陸上民と海上民が協調していける世界を作りたいと夢見て活動しているが、
それは政府上層部や他国政府からすれば 疎ましく目障りで …
結局 左遷のような扱いで困難ばかり押し付けられる青澄さん。
が 彼はそんな日々をアシスタント知性体のマキと共に懸命に
溌剌と生きているのです。

あ~ 内容に触れて感想言ってると超!長文になってしまうし、
ここは ニヤリを叫ぶ感想ブログ。 っちゅうことで
作品に関しての感想は他所の素敵ブログさまにお任せして
ニヤリポイントをご紹介v

以前にもちょいと叫びましたが
青澄さんとアシスタント知性体のマキ が素敵ですv
陸上民は5歳になると1人にひとつ
自分をサポートしてくれる思考補助パートナーをつける。
知性を持つ電子機器であるアシスタントは
普段はパートナーと無線接続され、脳内で会話をしたり、
体調をスキャンして管理したり、時には感情をコントロールする手伝いをしたりする。
で、必要があれば人工身体を使って 人と同じように活動することも出来る。
一心同体 もう1人の自分のような掛替えのない存在なんですな。
で、マキは一人称 「 僕 」 人口身体は美青年。
ただ 完璧すぎて非人間的な美貌 を嫌った青澄は
ちょっと左右非対称に見えるマスクをマキに被せます。
親しみやすく人間らしく見えるように。

マキはもちろん青澄さんのことを大切に大切に守ります。
青澄さんのほうもマキのことが大切でなりません。
人間のパートナーを持つ権利を放棄している青澄さん。
理由を明確に語ることはしないのですが
それはやっぱりマキの存在が大きく関係してるよね? って感じが
もう堪らん素敵v

地球という惑星 人類のとるべき道 強引な遺伝子操作と自然な進化 等々
大きく深い部分と
個人の思惑 夢 愛情 の物語が同時に語られてゆき、
すべては自然の力と時の流れの中 …
青澄とマキがどう生きたか … 読んで素敵にニヤリしてみてください v

微萌度 : ★★★ ( とっても深い意味での “パートナー” ねvなんかジーンv)

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/810-62127408


書籍「華竜の宮」遥か未来25世紀の地球
soramove | 2011.04.28
「華竜の宮」★★★★ 上田 早夕里 著 , 早川書房、2010/10/22、初版 ( 592ページ , 2,100 円)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「この
今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。