妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんと凄い 素敵な作品です

相変わらず 頭の中が忙しくて( 処理能力が低いとも言う× )
集中力に欠けてる感じです(汗)
なのに 今読んでるのはちょっと厚めのSF作品。
華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
上田 早夕里
4152091630

『 黙示録的海洋SF巨篇 』
大規模な海底隆起でほとんどの陸地が水没してしまっている25世紀の地球が舞台。
かなり面白いです。
散漫になりがちな私の意識を読書のひと時ガッツリと惹きつけます。
展開も面白いし、登場人物たちの想いも深いし、
人間とアシスタント知性体 という魅力的なパートナー形態もイイv
主人公のひとり・青澄と彼のアシスタント知性体・マキがとってもイイな
と 思いつつ読んでます。エンディングで彼らはどうなってるのか …
その点にも注目しつつ 残りあと3分の1ほど じっくり楽しみたいとv

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/808-f3df3a22


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。