妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憑物 祓師・鬼龍光一シリーズ

 あれ?富野さん 鬼龍さんの現住所いつの間に知って …

憑物 - 祓師・鬼龍光一 (中公文庫)
今野 敏
412205236X


鬼龍光一シリーズ 『 陰陽祓い 』 の感想 を随分前に叫んだっきりになっていたので
今日は続編の 『 憑物祓い 』 をちょこっと。
このシリーズは最近になって
中公文庫から若干タイトルを変えて出版されております。
中公版では
『 陰陽・祓師・鬼龍光一 』『 憑物・祓師・鬼龍光一 』 ですって。

さて、シリーズ2作目の 『 憑物 … 』 ですが
イイ部分は前作に同じ。
黒尽くめな男・鬼龍光一 と 白尽くめな若者・安倍孝景
そして警視庁生活安全部少年一課の富野輝彦のトリオを愛でる感じで。
2作目となれば、三人の距離も少し縮まったといいますか、
親しみが増したというか、牽制しながらの馴れ馴れしさがイイ感じ♪

起こる事件は結構グロいです。
陰の気に捕われた人間が黒い欲望に呑みこまれて淫らに凄惨に蠢く。
今回の亡者 ( 外道 ) はかなりシブトク、2人の祓師も苦戦を強いられます。
でも無自覚者・富野さんの秘めたパワーはやはり強力なもののようで
それを利用して鬼龍さんったら
自分の力を富野さんの身体を素通りさせてパワーUPさせるなどという
ちょっとフフフなマネをして下さいます。

事件の謎解きやら亡者の親玉の正体などは結構あっさりわかりやすいので
サクッと読めてしまうんですが、全体的にドロドロとした念が渦巻いていて
グロ目でエチぃことやりまくり言いまくりな作品 なので
そういうのが苦手な方はご用心。
( 女の妄念は必ず色魔的に表れるってどうよ -苦笑 )

鬼龍さんと富野さんはこのシリーズ後
『 パラレル 』 という作品にも顔を出しているそうなんですが
この 『 パラレル 』 は今野氏のシリーズものキャラ数組が
入り乱れて登場するという内容っちゅうことで
そのキャラたちが主役張ってるシリーズを読んでからのほうが楽しめるんだろうな …
と いうわけで最近 今野作品・警察小説まつり開催中。
STシリーズを最初から再読中。楽しいです♪
でも 『 パラレル 』 とSTシリーズは関係なかったりする(苦笑)

微萌度 : ★★★ ( 東北・雪見酒ツアー 楽しんできてください )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

こんにちはー
先日は誕生日コメありがとうございましたーー!!

で、で、このシリーズを私前から血眼になって探しているのですが・・・

ないのーーーーー!!!

あぁどうしてなの!全然見つからないのですよ(><)
きろくさんのブログで目をつけて以来ずっと探しているのに。。
今日無事に本屋閉店までに間に合ったらまたしても中公文庫エリアに足を運んでみることにします。。

あたしも叫びたいーー(TっT)

バステト URL | 2010/10/13 16:40 [ 編集 ]

売れ筋
バステトさま こんにちわ♪
中公文庫化されても書店に常備はされてないんですね~。
元が学研M文庫だったせいか(?)えろチックムードが濃い目な内容
ということも影響あるんでしょうかしら。
どうしても売れ筋シリーズが棚に並ぶことになって
そうでない作品は置いてもらえないんですよね~。
仕方がないっちゃ仕方がないんだけど残念なことではあります。
あ、『レッド』もニヤリ爆発という意味でオススメですよv
これも書店常備作品ではないタイプですが…

きろく URL | 2010/10/15 00:42 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/796-bac56010


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。