妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼九郎孤月剣

 己を捨てても守りたい
鬼九郎孤月剣
高橋 克彦
4103249412
相変わらずの強烈な装画です

あまりにも重い出生の秘密を背負った孤独な剣士・舫九郎は
父と直接逢い見え、すべてを正し終わらせようと京を目指し旅に出た。
しかし九郎を京にやるまいと画策する勢力者は風魔の者たちの力を持って
九郎を亡き者にしようと執拗に攻め立ててくる。
果たして無事に京まで辿り着けるのか そして九郎の想いは父に届くのか ・・・


鬼九郎シリーズ なんと12年ぶりの新刊です。
もう続きはないのかと思っていたので吃驚。
シリーズ4作目となる本書は 12年の年月も何のその、
取り立てて人物紹介があるでもなく、状況説明がされるでもなく、
“ 前作を読んでいる前提 ” でどんどん進んでいきますので
シリーズ既刊3作を読んでから取り掛かられることをオススメします。
( 私も正直内容忘れちゃってたので 思い出すまで頭ぐるぐるしました -笑 )

美貌の若き青年・九郎さんに同道するのは 九郎さんに惹かれて集まった面々
お守り役の柳生十兵衛 ・ 九郎の師匠 荒木又右衛門
天竺徳兵衛・幡随院長兵衛・唐犬権兵衛・高尾太夫・元乱波の紅蘭 以上 7名。
この7名で 襲い来る数十人の風魔の者たちをかわしながらの旅となります。
でも九郎さんご一行は 神がかり的に強い奴ら集団 なので
怪我一つ負わされることもありません。
風魔サイドには焦りが出て結束が乱れ始めます。
そうなると登場してきます 真意の読めない不敵に素敵な奴が v
風魔の中でも纏め役をこなす男たち、西鬼と呼ばれる頭脳派の男と
南鬼と呼ばれる年若い男。 どちらも美麗な青年です。
彼らと九郎たちとの対決が見処となるのか! と思いきや、
中盤から 隠れ剣士・高澤恒志郎 なる男が登場して
すっかり彼らを喰っちゃいます。風魔 良いとこなしです。

主人公の九郎さんは相変わらず 行く先々で男たちを魅了していきます(笑)
背中に背負った愛染明王さまの彫り物も湯殿でご披露してくれるし
今回は剣技の見せ所もたっぷりアリ。
十兵衛さん・又右衛門さんも見せ場があり、存在感もしっかりしているのですが
徳兵衛さんが 前作と比べると陰が薄いというか ・・・
存在がチト軽くなってしまった感じなのが寂しい。
徳兵衛さんの飄々として謎めいた存在感が無くなっちゃって
長兵衛さんたちと似たり寄ったりな雰囲気になっちゃいました。
もぅすっかりと 九郎さんが大好きチーム の一員になったから仕方ないのですかねぇ。

九郎さんが動いたことで もの凄い人数が三途の川を渡ってしまい、
凄まじい事態になったのでしたが、結びは結構あっさりと。
九郎さんが涙するのは解るけど 父よ 貴方が泣いてもなぁ。
全部 貴方のせいじゃないかよ と思うのですが
九郎さんが もういい と言うんだからいいのだろう。
( って 今回逝ってしまった大勢はウカバレナイ× )

いちお区切りのついた感じのラストでしたが続刊期待していていいのかな?
その後の九郎さん と 新人さんも加入した 九郎さんが大好きチーム の
新たな活躍 ( 騒動 ) が読めることを期待して待ってますv
10年越えはキツイから早めにお願い出来たら嬉しいな。
番外編 スピンオフなんてのも魅力的なんだけどなぁv

微萌度 : ★★ ( “将軍さまのご落胤”というのはよくありますが
            九郎さんはそれを遥かに凌ぐ吃驚な出自のお方です )

前3作のレビューはこんなでした。
舫 鬼九郎
鬼九郎鬼草子
鬼九郎五結鬼灯

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

まぁー!!
だましゑシリーズの仙波さんもなんだか見目麗しいし、ひゃっほいv
それにしてもきろくさん一体いくつなのーー(><。)
ブログが更新されてレビューをみるたびに謎が深まります!!!

だましゑシリーズもまだ3冊目を積読状態なのでそっちも読まなくちゃ。。
でも今金城一紀祭りが自分の中で最高潮を迎えているので(笑)
うーんうーん・・・・

バステト URL | 2010/07/16 10:53 [ 編集 ]

あっ
バステトさま こんばんわ♪
ぐるぐる渦巻かせてしまいましたかっ(汗)
「12年ぶり」← ですね。
いや これは私の言葉足らずでした(汗顔)
『…五結鬼灯』の初版が12年前だったそうなんですが
私自身がこのシリーズを読んだのは初版時でなく、もっと最近のことです。
それでも内容忘れちゃってたのは私の脳がザルだから(涙)

古~い小説や映画が好きなのでそういう話でテンション揚がっちゃったりして
そういう時「本当はいくつだ」とよく聞かれます。
生まれる前の話がモリモリ出来たり 姉の先輩方世代 と話が弾む私です(苦笑)


> だましゑシリーズ
こちらもイイ男イイ女たちが組んでつるんでイイ感じな世界ですなv
高橋作品の独特な味わいはちょっとクセになってしまいます♪

> 金城一紀祭り !
『対話篇』読んでみたいです♪入手したいと思いますvわ~いわ~い♪

きろく URL | 2010/07/17 21:28 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/771-cf7a1c79


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。