妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイトレイド~

拍手vコメントいつもありがとうございますv

ナイトレイドの作品紹介を読んだ時は
私も 『 ジョーカー・ゲーム 』 思い浮かべましたッ♪
でもナイトレイドではD機関の活動のようなものを期待してはいけなかったようです(苦笑)
いちおスパイ活動は見られるんですが、本筋が違う方向に進んでいってしまったので
スパイであることは二の次という感じに ・・・ 主人公たちの特殊能力に関しても
「 それがないと絶対的に成立しない! 」 という展開でもなかったかも (汗)
でも、きっちり煮詰めていけば深くて面白い作品になっただろうと思うのですよ。
・・・ 最終回でちょっぴり残念マークが付いちゃいましたが×
時間がなさすぎたのかな~ッ。
言わんとすることをきちんと描くには全13話では短すぎた。
OVAでもう一回、今度はじっくり尺をとってやり直しませんか?と思っちゃいます。

近代史の領域に分類される時代、人々は何を思い 何を信じ
何を願って生きていたのかを感じたくなりました。
意識的に本を探して読んでみたりするようになると、
知らなかったり勘違いしていたことやらが結構出てきて興味深いです。

葛くんイイですよねv どんどんイメージがニヤリと膨らむキャラでv
もっと色々描いてほしかったですよね~。

ニヤリとくる野郎ども がいる作品が観たい欲求が高まっております(笑)
『 フィリップ、君を愛してる! 』 って
日本ではDVD化されないんですかね?(汗)

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/767-ec40e776


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。