妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若冲がね

今日は帰宅が遅くなりそうなので
家を出る前に慌て気味に更新。遅刻しないようにな私ッ。

慌て気味なので本のレビューは後日にということで 最近のMYブームの話なぞを。
今 伊藤若冲の生涯 に関するものを読むのが楽しいです。
はい 『 動植綵絵 』 の伊藤若冲。
『 菊花流水図 』 は菊や岩が描かれた作品ながら
そこから漂う官能的な気配がなんとも素敵ですなv

若冲本を気にし始めるに到った道筋 ↓
菱田春草の 『 菊慈童 』 → 『 菊慈童 』 の物語 →
→ 菱田春草以外の 『 菊慈童 』 → 円山応挙の弟子・駒井源 →
→ 献身的な弟子・駒井源 → 絵に生涯を捧げた人・伊藤若冲

え~(汗) 最後の 源から若冲 へ興味がスライドしていった私の心理が
イマイチ伝わり難いとは思いますが だいたいこんな感じで今 若冲が楽しいんです。
またいつか 若冲話で大騒ぎするかもしれません。
あ、『 菊慈童 』 の話もしたいなぁ。
とりあえず今日は時間が危ないッ。
いってきま~す。  

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/759-a7ef2e1c


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。