妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロメテウス・トラップ

 何が正しい 誰を信じる ・・・
プロメテウス・トラップ / 福田和代
4152091061

かつて天才ハッカー “ プロメテ ” として名を知られていた能條も
中年となった今はプログラマーの仕事をこなしながら平凡に暮らしてた。
しかしある夜 バーで出逢った謎めいた男からICチップを託されたことで
彼は再び “ プロメテ ” として ・・・


いつも中年キャラが素敵v な福田作品。 今回も殿方がいっぱい (笑)
アメリカを舞台に、サイバーテロ組織とのハッキング対決を描いた連作短編です。
主人公の能條=プロメテ以外の人物のことを話そうと思うと
いきなりネタバレするハメになるので あまり語れないのですが
え~とね イイっちゃイイんです。
後半になるとハラハラ感が高まってきたし、人間関係にも面白さが出てくるのだけど
なんだろ、人物それぞれをもっと突っ込んで描いてくれてもよかったな と。
主人公の能條さんは 最初は打算で手を貸していたのが
だんだんと人を想って ( 少年のこと 友人のこと ) 危ない橋を渡りだすのが
素敵なだけに 他の人物たちももっと読ませてほしくなっちゃうんですよね。
ICPOの あの人 なんか とってもイイ感じな男だから尚更~ッ。

と 身悶えしてしまうほどに福田さんの作品はやっぱり 素敵v殿方祭 なのでしたv

福田和代さんご本人サイト → 福田和代ONLINE

微萌度 : ★★★ ( ご本人サイトでは番外編が読めます!すげv
               って私まだ読んでなかったわ - 汗)

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

パンドラ・トラップ
きろくさま、こんにちは!ご無沙汰してます、ちま太です。
なかなかネットを見る時間がなくて、こちらのサイトにお邪魔するのも、一ヶ月ほどご無沙汰だったんですが、久しぶりに覗いてみたら、ちょうど読破し終わった本のレビューが!!
ちょっと嬉しかったので、お久しぶりに書き込みさせていただきます♪
こちらの作者さん、きろくさまの紹介で読んだ「ヴィズゼロ」以来、おっかけしてます。
私の中では『働くおじさん』がステキな作者さんってことで・・・(笑)
短編連作なんで、短くまとめなきゃならなかったんですかね?
この方の持ち味である、緻密な調査に基づく業界の記述とかも、「Tokyo Blackout」の電気業界のことは読んでて「へ~」と思ったけど、今回はあんまりなかったし。(仕事柄、SEさんの働き方とか、自分が知ってるからかもしれないけど・・・)
きろくさまのレビューにも書かれてますが、ほんと、もうちょっと主人公以外のキャラたちについても書いてほしかったですね~
個人的には、頭いいのにおバカなパンドラがかわいくてvv もっとラストへの伏線張りに活躍してほしかったわん☆
ネタもキャラも好みだったんで、楽しめましたけど、つい欲張ってしまいたくなります;
おー、ご本人さまのサイトに番外編があるんですか!!さっそく読みに行かなきゃ!!
いつもステキな情報ありがとうございます~vv

ちま太 URL | 2010/06/06 20:27 [ 編集 ]

村岡・トラップ
わ~い ちま太さま こんにちはv
読まれましたかv パンドラ (フフフv)いやさ プロメテウス・トラップ!
福田和代さんは私も毎作品チェック!な作家さんです♪ 

> 『働くおじさん』 ←(笑)
そうそうv そういう登場人物たちがイイですよね~v
ただ なんか毎回あと一押ししてほしいような じれったい心地もあったり。
それもだんだん福田作品を読む快感になっていくのかもしれない(笑)

> この方の持ち味である、緻密な調査に基づく業界の記述とか

それも魅力の一つですよね。今回の作品も門外漢の私は
「 私の知らない世界でディープに生きてる男 」 を楽しんでました♪
能條さんの凄腕っぷりがイマひとつ伝わってこなかったのがおしいかな~ッ

ちま太さまはパンドラがお好みッすかv
私は村岡さんがv だから能條さんがああいう道を選んだラストが
嬉しいやら楽しいやらv

番外編読まれましたか? パンドラv ふふふ~

きろく URL | 2010/06/10 16:29 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/755-85371b4c


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。