妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了ニヤリ作品タイトルの一部を羅列してみる

ブログリンクに
『 アマゾンの中古の本解説! 』 さまをお迎えしました。
アマゾンでの売買についてなど細かく解説しておられます。
私は 絶版本を手に入れる方法 として古書店・中古本ネット販売などをよく調べます。
昨夜 どこぞのTV局で放送があった映画 『 熱いトタン屋根の猫 』 の原作
テネシー・ウィリアムズの戯曲 『 やけたトタン屋根の猫 』 も
今は絶版中なんですよね。まぁこれは図書館にあることが多いようですが。
素敵本が入手しづらくなっていくのは寂しいことです。
ヴァン・ダインのヴァンスさまシリーズは創元推理文庫から新訳出版されてますね。
今このシリーズの全作品を新訳出版して需要があるのか?という声もあるようですが
私のような 思い込み過多でニヤリとしながら読んでいる者にとっては
「 新訳であのシーンはどんな雰囲気になってるかしらv 」 などという
楽しみがあるので読んでみたくなるんですよね~(苦笑)
新訳は 『 僧正 ・・・ 』 から出版開始。
売れ行き次第では途中で止まる事もあるのだろう。
『 誘拐 ・・・』 も新訳で読んでみたいんだけどなぁ。

って 先に我が部屋の中の積読本の山をなんとかしようよ と自分でつっこんで見る。
小さくならないね~ この山(苦笑) ちょこちょこ読んでるんですが。
たとえば ニヤリ気味な読了作品 は
・ 白い城 ・ 銀河に口笛 ・ ねずみ石 ・ 数えずの井戸 などなど ・・・
最近はブログの更新リズムが不規則になっちゃって感想UPが遅れてますが
これらの作品については近いうちに。
他に再読作品でニヤリ感想UPしていない作品は
・ 石動戯作もの2作 ・ 明治探偵物語シリーズ ・ 桃尻娘シリーズ  など ・・・
明治探偵物語についてはシリーズ2作目は初読v
こちらも順次 感想UPしていきます~v
来るGW お休みとれる方は目一杯羽を伸ばしてくださいね♪
連休中は日ごろより一層忙しい皆様、一緒に頑張りましょう おーっ!
( 1休くらいは欲しかったな -涙 )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

ちょっぴり復活よ☆
こんにちはーきろくさん♪私のブログにコメントくださってありがとうございます!!ちょっぴり復活! ヒーヒー言いながら通勤電車も乗りきりました☆☆
きろくさんはGWはお仕事だったのでしょうか?お疲れが溜まっていることでしょう(><)お疲れさまです!!

きろくさんの読んでいる本はさぁ。ステキすぎて是非読みたいんだけど絶版だったり入手困難な作品があって、歯ぎしりしちゃうわ(笑)
これからも本のレビュー更新楽しみにしています♪

今ねぇ<京極堂>の一巻目を読み終わったところです。関口君と京極堂・・・loveloveですよ・・・ね? フフv

バステト URL | 2010/05/06 10:46 [ 編集 ]

☆祝☆
バステトさま 復活おめでとうございます~ッ☆
いきなりの通勤電車はキツかったのではないですか?(TT)
頑張り過ぎちゃいけませんよぅ。
一日も早い完全復調お祈り申しております。

私はGW中はすぺさる忙しく ひたすら連休明けを待ちわびてました。
明けての休日は爆睡して1日終わっちゃいましたよ~(笑)
次の休みには書店徘徊して元気の素をたっぷり入手できたらいいなと
楽しみにしておるところです♪

<京極堂> フフ~v 関口君って時に激しく受けウケしいですよね フフフv
私 榎木場 の世界も好きだったりしますv フフフフフv

きろく URL | 2010/05/09 00:14 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/748-615ccccb


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。