妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥勒の月

 獲物を狙う捕食者の如く 見つめ続ける ・・・
弥勒の月 (光文社時代小説文庫) / あさのあつこ
4334744567

剣を捨てて小間物問屋遠野屋の主人として生きる清之介
身の内に渇きを抱えた同人・信次郎
拭い去れぬ闇 満たされぬ渇き に抗い生きる男たちの物語


『 弥勒の月 』 『 夜叉桜 』 『 小練柿 』
シリーズ3作纏めて読みました。( 霞舟さまありがとうございま~す♪)
2作目の 『 夜叉桜 』 を読み始めて吃驚。
私、以前にこれだけ読んでました(汗)
「 1作目読んでから感想を♪ 」 とか思ったまま今に至ってしまってたようで(汗)
改めて1作目から続けて読んでよかったです♪危険な同心・信次郎殿が一層イイ感じでv
そうなんです。私ゃ信次郎殿がお気に入りで♪
ギリギリとした危うい男。飴大好き設定がソソリます。
遠野屋・清之介に変質的に拘って絡みまくる様がアブナくって素敵。
シリーズはまだまだ続いてくれそうで、
これから清之介さんが色々と難しい立場になっていくのが読み処でしょうかv
彼に拘る信次郎殿の役どころも楽しみです。
どこまでも嫌~な感じで清之介さんに絡み続けてほしいものです。

微萌度 : ★★★ ( 美味いお茶が飲みたくなります )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

期待通りでしたか?
続編を待ち望むほどには楽しんでいただけたでしょうか?

でも、微萌のアンテナには引っかかっていて既にチェック済みだったんですね(⌒-⌒)

見えすぎる目を持ち先の先まで見通せてしまい、世の中に退屈してる
同心。生まれ変わってひっそりと商売の事だけを考えて生きて生きたいのに、何故か災厄を招いてしまうお店の主。

この二人に太刀打ちできないと解っていても、つい父親のような目で
気を使ってしまう岡引。

3人の微妙な関係が好きです♪

早く次の巻が出るといいのですが・・・・

霞舟 URL | 2010/04/22 08:40 [ 編集 ]


アマゾンの中古の本の売買ガイド!
運営者の浜田健次郎と申します。

内容に深みがあるサイト運営をなさっていることに素晴らしいと思いました。
そこでと言ってはなんなのですが、そのようなサイト様とぜひとも
相互リンクをしていただきたいと思い、連絡させていただきました。
なお、貴サイトは既にリンク済みとなっております。

サイト名・・・アマゾンの中古の本の解説!
サイトURl・・・http://used-book.tongari-pocket.net/
貴サイト様リンク掲載URL・・・http://used-book.tongari-pocket.net/links3.php
アマゾンで中古の本を売買して、有効利用するためのアドバイスを行います。

よろしくお願い致します。

URL | 2010/04/23 11:01 [ 編集 ]

楽しみシリーズが増えましたv
霞舟さま~ッ! 続編を待ち望むほどに 楽しみましたです~v
もう同心が気になる気になる(笑)
あぁいう 自分でも自分を持て余しているようなキリキリした男 って大好きです。
それを 面白がったり危ぶんだりしながら
傍でちゃんと見ていてくれる存在があるのもイイですねv
あさのあつこさんは継続中のシリーズをいくつか抱えておられるから
この続きはいつになるのか・・・ ちょっとヤキモキしますね。
まさかの長期放置プレイにだけはなりませんようにと念じてみたりしております(笑)

きろく URL | 2010/04/25 16:26 [ 編集 ]

ありがとうございます
浜田健次郎さま はじめまして。 きろく と申します。
ご挨拶遅くなりまして失礼いたしました。
この度は相互リンクのお申し出ありがとうございます!
拙ブログは かなり偏った方向から暴走気味に感想を綴っているものですから
「よろしいですか?」とちょっとビクビクしながらも
有難く こちらからもリンクをさせていただきました。

私も絶版本を入手したい時など中古本の案内を必死で探します。
浜田さまのサイトでは丁寧な解説が為されていて色々参考になりますね。
またゆっくり拝見に伺います。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

きろく URL | 2010/04/25 16:45 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/746-61d49187


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。