妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャーロック・ホームズ ( 映画 )

 予想以上にアレでした。ホームズ直球すぎ(笑)

昨日ようやっと観てきましたよぅv
ツッコミ処やら そうなんや って所やら何かもう色々あって
メモ取りながら観たかったくらい(笑)
そんな感じなんで、昨日帰ってからすぐに感想書き始めたものの
いつも以上に取り留めのない長文になって収集つかなくなったんで
一呼吸おいて今夜改めて … でも結局取り留めのないことになりそう(汗)

まずは普通に感想。
異色ホームズものというだけあって
ホームズという人物の描き方がとっても個性的でした。
原典の彼もボクシングをはじめ格闘技に長けていて行動的な人 ですが
この映画版の彼はほんと 肉体派の超元気っ子 という感じ。
原典ホームズに会いたくて観に行くと激しく裏切られます。
でも、ホームズの観察力からくる推理の表現の仕方は素敵だったな。
少し先を見通して 「 こうすれば こう来て 結果こうなる 」 という予想を
映像でゆっくり見せておいてから、実際にそうなる様子をリアルスピードで
見せる方法はとってもナイスだなと♪これを事件に関わる場面でも見せてほしかった。
ラストのブラックウッド卿とのシーンでは 予想が外れて焦る とか
何かもう一味あってもよかったね。

ワトスンさんも超!異色でした。
こんなワトスンさんは数ある映像作品の中にも例がなかったですね。
強気でSっ気たっぷりな苛めっ子で
ホームズ離れをしたくて でも彼の行動には惹きつけられていて …
検死官を務めているという設定はいいですね。事件にも自然に絡んでいける。
元 “ 軍医 ” という部分もちょっと強調気味で
男前度が上がってました。
この映画でワトスンさんのファンになった方が原典を読んだら
「 え … 」 ってなるかもしれませんね(苦笑)

アイリーン嬢。 ああいう役どころになっているせいかもしれませんが
私的にはあの女性は 大人の女の扱いづらさ路線 でいってほしかった。
ちょっと若すぎ、小悪魔ちっくすぎたなぁ。

ブラックウッド卿は敵役としてはちょっと薄かった。
彼自身の背景についてチョコッと台詞で触れただけで
人物の掘り下げがなかったせいかもしれません。
脅威の人物としても知恵者としても印象が残らなかった。
なんかアッサリ片付いちゃった人って感じ。勿体無い。
彼がやらかした(やらかそうとした)事件も
捻りもなく 「 あぁそうね 」 って感じのものだったし
ホームズがそれらを解き明かす場面もなんだかサックリ済まされちゃって …
映画の芯であるはずの事件自体のインパクトがあまりなかったのが
勿体無かったかな … って
そうか! 映画の芯は ホームズとワトスンさん の絡みっぷりかッ(笑)

っちゅうことで 以下ではフフフな斜め目線からの感想を。

* と、思ったのですが
  続きの感想綴っているうちに超長文となってしまいまして(汗)
  これは小刻みに分けたほうがよさそうなのでフフフ感想は記事改めて
  日を改めてにします。もうね 座る位置とか ヤキモチっぷりとか
  苛めてニヤリとか 宝石も彼の為かッとか 色々もうねッ(笑)

微萌度 : ★★★★ ( 吃驚するほどアカラサマでした )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

ご覧になったのですね!!!!!!
ま、ず、は♪ ホームズ!やっとご覧になられたのですね!おめでとー!!!!
もうラブッラブの二人だったと思いませか?ホームズがワトソン君の気を引きたくて色々手間をかけさせちゃったりちょっかい出したりが猛烈に可愛かった☆ それをアッサリかわすドSっぷりのワトソン。最高でございました。
私、映画館が暗くて本当に良かった。と思った。だってニヤニヤが止まらなかったんだもの♪

あぁ。全然あの二人以外のことに注意を払ってなかったのであんまり気づかなかったけど、アイリーンはもうちょっとひねっても良かったですね。あれにホームズが完敗するってのはちょっと疑問だもの。

ブラックウッド卿もね。アッサリ倒されちゃったものねぇ。でもさ、黒幕はやっぱりホームズの宿敵の××だったから仕方ないのさ♪(←フォロー)

この映画、DVDになったら速攻購入してしまいそう。家で毎日観ちゃうかも!!(笑)

バステト URL | 2010/04/09 11:17 [ 編集 ]

やっとこ観ましたよぅv
いやもう なんだッ ってくらいガッツリでしたね(笑)
必死のホームズと冷たくかわすワトスン(S笑い付)
私ももう鼻孔がピクピクなっちゃってエライ顔して観てたと思います。
時々「フフ~」って鼻から息抜けてたし(恥)ほんとに暗くてよかった(笑)
DVDが出たらまたガップリ観たいですね♪
部屋の中に置いてある物色々とかかなり凝ってたし、静止画像で細かく観てみたいv
DVDで観る時は堪えることなくニヤケ全開で。
きっと超ハイテンションになれることだろう。これまた楽しみですね~♪
(宿敵の××との一戦で次回作!とかってないですかね~v)

きろく URL | 2010/04/10 18:16 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/742-7373ed28


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。