妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二メートル

 “ あのとき ” の君の暖かさが僕の支えだったのだ

映画 『 ホームズ 』 行きそびれました。
月末か来月初めには観に行けるだろうと … ううっ×

がっくりきていた私をこの本が癒してくれました。
二メートル
高畠 那生
4776403838

通学路で毎日後ろから話しかけてくるアイツ
「 フツウそうでしょう? 」  アイツの言うことはイチイチ尤もで
だからちょっとムカついて ちょっと落ち着かない気分になって …


空き時間を潰しに立ち寄った図書館の新刊コーナーに置いてあったのを
なんとなく手にとって … 大正解v
読み終わってみれば 何だよド真ん中じゃん な作品でした。

服装も態度も “ 今ドキの一般的スタイル ” で高校生活を始めた鈴山ハル。
でも彼のリズムは1人の同級生によって早々に崩されてしまいます。
淀川清くん。ハルと同じ駅から電車に乗って学校へ通う彼は
いつも後ろから声をかけてきます。2メートルより縮まらない2人の距離。
その存在を初めは鬱陶しく思っているハルなんですがだんだんと …

騒々しくも暖かい家庭で育つハルは根は素直な好青年。
正しいことを臆せず口にする清はどこかしら寂しげで …
彼らの交流がとてもイイ感じに展開していきます。
清くんがどんどん可愛く見えてきます。
2人の間に過去話があったりするのもお約束でツボです。
爽やかに素敵にニヤリな作品。
図書館よ ありがとう。

微萌度 : ★★★ ( 横山圭さんはこれが初出版作品なんだそうな。
            次の作品が楽しみな作家さんが増えました♪ )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments


こんにちは。楽しく拝見させて頂いております。
素敵なご本を紹介して頂き、いつも大感謝です!

今回のご本も早速図書館予約をかけてきました。
予約の際に気づいたのですが、なんとこちらのご本、出版社さんの欄に BL出版 とありまして…(笑)
もう、ちょっと よこしまな動機を見透かされたようで どぎまぎ致しました(苦笑)

たま URL | 2010/04/12 14:01 [ 編集 ]

ほんと なんだかどぎまぎ(笑)
たまさま こんにちわ。こちらこそありがとうございますv
同じところにニヤリのツボがある方との出会いはほんとに嬉しいですv
今後ともどうぞ宜しくお願いしますv

この作品はノーマークで、偶然出会ったものだっただけに
読み終わってとっても得した気分になったものでした。
中盤からの「おやおや?」と盛り上がってくる感じがミソです。
たまさまのツボにもハマッたら嬉しいなv
出版社名
そうなんですね “BL出版”
こちらがその気満々なだけに(笑)
素敵な社名です“BL出版”(と、何度も言ってみるー笑)

きろく URL | 2010/04/14 23:32 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/736-411f23e8


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。