妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風間作品どっぷりv

 男たちに酔う
勢いついて風間作品 国分さんメインで再読。
『 地図のない街 』 『 片道切符 』 『 不器用な愛 』
地図のない街 (ハヤカワ文庫JA)
4150305404

ある出来事をキッカケに生き方を大転換した男・北岡吾郎が主人公。
地図にない街 “ 山谷 ” で起きた妙な 夏場の連続行き倒れ。
真実を追う男と彼を危ぶむ男。北岡は友を守ることが出来るのか ・・・。
アル中3人組の恐怖の断酒物語だったりもする長編作品。

深志荘主要メンバーからは 『 男たちは北へ 』 で主役を張った桐沢さんが登場。
国分さんは 北岡が人生大転換をする出来事で顔を出します。
『 漂泊者 』 の事件収束後から あの最高エピローグまでの間の一コマ。
国分さんの口から特に室井さんの名が出ることはないのですが 
“ 12年ぶりの再会を果たし、再び別れたもののまたすぐ逢いに行く計画 ”
を進行中なんだなと思いながら読むと楽しくてなりません。

片道切符 (光文社文庫)
表の顔はモデルガンショップの経営者。
でも真の収入源は殺し屋家業の烏堂勲という男が主人公の連作短編。
文庫版購入がオススメ。

室井さんがいっぱい登場します。『 漂泊者 』 では生き生きとした姿も見られましたが
こちらでは超無愛想です。でも有能。
国分さんは本人の登場は無し。室井さんの頼みを聞いて裏で動く役回り。
そんな風に協力し合っているんだね~ とその繋がりにニヤリ。
 この作品の主人公・烏堂さんもなかなかに魅力的な奴です。
 彼の人柄のおかげで全体にちょいと愉快な雰囲気だったりもします。
 親友の東山さんの存在が素敵にイイです。

不器用な愛 (角川文庫)
4043499027

『 されど卑しき道を 』 のタイトルで刊行された本に
2短編を加えて文庫化したもの。

脇でイイ味だしている登場人物たちをメインにした短編9作収録。
どれもいい話です。男たちに思わず惚れます。
男性読者もきっと男惚れしなさるだろう素敵さです。
国分さん 激しくイイですv 『 雨垂れ 』 必読です。

以上、国分スキー剥き出しなレビューでしたが 彼以外の男たちもほんとに堪らん魅力的です。
風間せんせい もっと沢山書いてほしかった ・・・ 

微萌度 : ★★★★★ ( BDもそうでしたが、読むとバーボンが飲みたくなって困ります )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

風間作品
初めまして、霞舟(かしゅう)と申します。
何時も何時もニヤリとする作品を紹介していただいてありがとうございます。
特に絵本は「へえ~へえ~」と感心するばかりで、
図書館で借りたり本屋で立ち読みしたりと目からウロコ状態で
楽しんでいます。

さて今回は私の大好きな風間作品に釣られてやってまいりました。

一連の作品は全て萌え萌えです♪
特に国分いいですよねエ~
「漂泊者」→「雨だれ」は私の中では激萌えです。

「男たちは北へ」で名前のなかった青年が「片雲流れ」で名前を貰い
これからいい味だしてくるはずだったのに・・・・

深志荘の他のメンバーにも会いたかったです。
本当に惜しい人を亡くしたと思います。

今私は時代小説にはまっているのですが、
あさのあつこ著「弥勒の月「夜叉桜」「木練柿」に登場する
お店の主人と同心それを見つめる岡引がなかなかいいです。
もし、参考になれば幸いです。

初めてなのにずい分長々と書いてしまいました。
これからも微萌・激萌作品の紹介を楽しみしてしております。

霞舟 URL | 2010/03/10 10:18 [ 編集 ]

ありがとうございます♪
霞舟さま はじめまして。きろくです。
コメントありがとうございます♪
ニヤリのツボ処が同じで嬉しいですv

風間作品はニヤリ界(?)で五指に入る傑作ですね!
霞舟さまも国分さんの言動にニヤリvですか フフフv
私も「漂泊者」→「雨だれ」は何度読んでも身悶えます。
読書中のニヤケっぷりはもう不審者レベルです。
「漂泊者」と共に「不器用な愛」も人目のある場では読めない本のひとつです(笑)

風間先生 ・・・ 深志荘メンバーが全員活躍して
国分さんや東山さんたちも顔を揃えて ・・・ なんて作品を
書いてくださったかもしれないと思うと本当に悔しいですね。
今はただ、残された作品を繰り返し味わい繰り返し身悶えるのみ。

時代小説 私も大好きです♪
> お店の主人と同心それを見つめる岡引
これはソソラレますv
あさのあつこさんの 「 弥勒の月 」 早速読みたいと思います。
ご紹介ありがとうございます~♪

きろく URL | 2010/03/12 01:12 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/733-6da98a8b


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。