妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漂泊者

 約束なんかしなくても またいつか どこかで ・・・
漂泊者(ながれもの) (角川文庫) / 風間 一輝
4043499019

教会が計画した養護施設建設に対して起こった住民たちの反対運動は
どこかしら奇妙で歪な感じのものだった。
調査を依頼された私立探偵・室井は住民たちを影で操る輩の存在を嗅ぎ付けたのだが ・・・
横浜を舞台に脅し 強請り 騙し合い が始まる。
血の抗争を制する者は ・・・


人目のあるところでは読めない一冊。超!微萌作品v
最初から最後までニヤリ満載。あまりにも素敵すぎて頬筋が緩むどころか
ニヤケが満面に広がるのを抑えきれません。

悪徳私立探偵がいます。室井辰彦。 ワケありで警察沙汰はご法度です。
 ぶっきらぼうで無愛想ですが友人は多いようです。
若きや○ざの組長がいます。国分隆雄。 学生時代は弁護士を目指していた知性派です。
 壮絶な過去を経て、砂漠を経て(笑)今は泣く子も黙る三浜組の四代目組長です。
彼らが堪らんイイ感じなんです。
全ては12年前のサハラに始まります。
砂漠 ラクダ 奇跡の出逢い そして共に旅をして ・・・

色々言うと萌ネタバレしまくってしまうので
これはもう とにかく読んでください。間違いないですから(笑)

バーでの再開 ・ 浪華 ・ 唇に差し込んでやる煙草 ・
クラブ轍 ・ “ 月の砂漠 ” ・ 2人で殴り込み ・
2人で寝顔を愛でる ・ や○ざの一面 ・ 想い込めた礼 ・
海辺で “ 月の砂漠 ”

もう語り処だらけ(笑) エピローグなんて出色です。
その前の章で室井さんと女性との海を隔てた好い場面があって
これが いじらしくて ちょっと可愛くて ほんとにいいシーンで
そのまま終わってもちゃんと成立するし、大概の作品ならそこでエンドなんだろうに
その後 エピローグで真打登場しちゃうんですな。
わざわざ逢いに来ましたかv 2日探し回りましたかv
で “ 月の砂漠 ”
中盤に登場した印象的な1シーンrefrain  ・・・ あぁもう あんたたち最高だよッ!

風間氏の残した作品郡は
深志荘というアパートの住人たちを中心にした入子細工のように
それぞれが少しずつ絡み合ったり すれ違ったりしているので
1冊手を出すと結局全部読まずにいられなくなってしまうという
財布泣かせな構造になっています。
でももう全作絶版状態なのかな?
今から入手される方は文庫版がオススメかと ( 『 片道切符 』 とか 『 不器用な愛 』 とか )
とにかくまずはこの 『 漂泊者( ながれもの )』 を是非!

微萌度 : ★★★★★ ( 国分さんの下の者が皆 室井さんのことを知っていたのが面白い。
                 国分さんどんだけ室井さんのことを語って聞かせてたんだか -笑 )

-----------------------------------------------------------

メインだったり脇だったりする男たち

男たちは北へ ( 桐沢・加賀 ) * 風間先生デビュー作
地図のない街 ( 北岡・国分・室井・桐沢 )
漂泊者 ( 室井・国分 )
片雲流れて ( 加賀・桐沢・室井 )
今夜も木枯らし ( 仙波・桐沢 )
海鳴りに訊け ( 室井 )
片道切符 ( 烏堂・室井・東山・国分・ )
今夜も月は血の色 ( 仙波・室井 ) * 哀しい絶筆(涙)
不器用な愛 ( されど卑しき道を ) ( 国分・滝川・東山・桐沢 )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

おぉッ!!
やはりこの作品でございましたかッ!
昨日こちらに伺って、「もしやあの作品では…」と思い出しニヤリしてしまいました。
(そして勢いあまって拍手ボタンぽちっとやってしまいました…)
この作品はもう「微」萌どころじゃないですよね(笑)。
盛大に美味しく読んだ記憶があります。
そして深志荘シリーズ(?)、絶版揃いで泣けてきます…。

すいません、記事違いで失礼しますが、
先日きろくさんが紹介なさっていた「白狐魔記」シリーズ、無事、読むことができました。
きつねの可愛さに終始やられっ放しでした…。
紹介ありがとうございました♪

まるひげ URL | 2010/03/06 01:26 [ 編集 ]

嬉しやッv
まるひげさま 心の友よ~ッv
「 砂漠とラクダ 」 のハードボイルド というキーワードで
見事!作品ドンピシャ ニヤリとしてくださったのですねv 嬉しや~♪
ほんとに!満載ですよね。
逃亡中の悪徳探偵とヤ○ザの組長がメインをはる物語の読後感が
とても甘~いって(笑) 素敵すぎますv

そして「白孤魔記」シリーズ。トラバありがとうございまするv
狐くんの可愛らしさやら お師さんの凄いけど素は可愛い人っぷりが
まるひげさまのツボに触れていたらば嬉しいです~。

きろく URL | 2010/03/08 16:39 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/732-da914d35


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。