妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チビねずくんのクリスマス

 思いがけなく薄っすらニヤリ?
友人宅を訪問した時、3歳になるお子が
「 これ読んで 」 とお気に入りらしい絵本を持ってきた。
読んで吃驚 ちょっと気になる作品だったのス。

チビねずくんのクリスマス (ポプラせかいの絵本)
著 / ダイアナ・ヘンドリー 絵 / ジェーン チャップマン
4591088383

クリスマス・イブの日、祝祭準備に追われるオオねずくんとチビねずくん。
チビねずくんにとっては冬を迎えるのも初めて。
張り切って柊の実を取りに出たのはいいけれど ・・・


一緒に暮らしているチビねずくんとオオねずくんのお話。
この 『 ・・・ クリスマス 』 はどうやらシリーズの3冊目らしい。
だからなのか どうなのか チビねずくんとオオねずくんの関係ははっきり判らない。
兄弟なのか友人なのか ・・・ どうも兄弟という雰囲気とは違うように感じられたので
これは絵本によくある “ なんとなく一緒に暮らしている2人 ” ってパターン?
前の2冊を読めばハッキリするのだろうか。
なんか 楽しみな悶々を抱えさせてもらったのでした。

微萌度 : ★★ ( オオねずくんの優しさがイイんですの )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/724-41170ea7


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。