妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろづ春夏冬中 / あめふらし

2冊まとめてまいります。
長野まゆみさんの 『 よろづ春夏冬中 』 と 『 あめふらし 』
ギャーさまより頂戴したコメントを読んで
「 『 あめふらし 』 って 『 よろづ・・・ 』 の登場人物たちを
  メインに据えた連作短編だよね? 」と いう認識はあったものの ・・・
「 読んでないわッ 」 と思いまして早速手にした次第。
せっかくなので 『 よろづ・・・ 』 も再読しちゃいました♪

よろづ春夏冬(あきない)中 (文春文庫) / 長野まゆみ
4167717468

“ ここ ” と “ 異界 ” が交じり合い すれ違う妖しいお話が綴られた短編集。
“ 今 ” の中にスッと現れる幻想的な異界 が素敵です。
そして 惹かれあうオノコたち が魅力的 v
全14編収録。ショートにサクッとしっとりニヤリ。
『 待ちきれない 』 『 花の下にて 』 『 雨師 』 が好み v

あめふらし (文春文庫) / 長野まゆみ
4167753715

『 よろづ・・・ 』 に収録されている 『 雨下天晴 』 と
『 雨師 』 に登場した人物たちが主人公。
死者のタマシイを拾い、今生に繋ぎとめたまま使役する 雨師
自分の意思とは関係なく、他者の肉体に憑依してしまう青年
ごく普通のようでいて ・・・ な兄弟

雨師・橘河と番頭・仲村 ( と鷹司 ) がイイです。

出番は少ないながらも 最後にきてグッと存在が重くなる 市村兄 もイイ。
全編で頑張って活躍してたのは弟ですが 横からスルッと持ってかれた感じで(笑)

濃すぎず しっとりと心地よい含み重みをもった世界。
『 よろづ・・・ 』 未読でも全然平気ですがせっかくですので2冊まとめて どうでしょうv

微萌度 : ★★★ ( ごぉごぉ萌えるというよりは たちこめる空気に酔うニヤリv
            ギャーさま 有難うです~v )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments


ウェヘヘヘ!!!あ、全然気づかなかった!『雨ふらし』と『よろず~』がリンクしていることに・・・
で、『雨ふらし』の立ちこめる雰囲気、たまらん!!って感じですよね☆
他者の肉体に憑依してしまう青年と雨師のやりとりもかなり好きだけど、やっぱり番頭と雨師でしょ☆
うろ覚えだけど、雨師が番頭に「言っとくけどオレにはお前が必要なんだよ」的な事いうシーンがありますよね?
雨師があまりにも青年に構うもんだから番頭がちょっとスネているところ・・・!!

あー、やばい。読みたくなって来ちゃった・・でも、こないだなんとなく『雨ふらし』を本棚から探したんですけど見つからなかったの(涙)もうまた買っちゃうぞ!って感じです(笑)

ギャーていうかバステト URL | 2010/02/10 10:20 [ 編集 ]

ですよね~v
『雨ふらし』
雰囲気イイですよね~v 幻想耽美臭が濃すぎず薄すぎずv
読んでよかった 堪能しましたv ありがとうございます♪

> やっぱり番頭と雨師でしょ☆
首捻挫するくらい大きく頷いちゃいます。やっぱり番頭と雨師ですよね~v
ちょっとスネる番頭! それをイジる雨師! あぁ素敵v

と ・・・ 本棚から消えましたかッ。
「 どこいったッ! 」 って私もよくありますわ~(涙)
装丁地味めな本だから他の本たちに紛れ隠れてしまっているのかもしれませんね。
買っちゃった直後に出てきたり・・・なんて経験ありまするわ(涙)
見つかるといいですね(祈☆)

きろく URL | 2010/02/11 12:19 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/721-0d9ff706


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。