妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛ぶ教室

 ニヤリに隙がありません 最高v

飛ぶ教室 (ケストナー少年文学全集 (4))
エーリヒ・ケストナー
4001150549

クリスマス前のこの時期にヨナタンといえば
っちゅうことで再々…読v 何度読み返してもイイですよ♪
先生'sの登場するシーンは悉くニヤリとさせてくれますし、
生徒たちもそれぞれに素敵すてきv

生徒たちに関しては読み返す度に 気になる子 が違ったりするんですが
今回は ウリーとマッツ がツボでした。
強くて心優しいマッツと華奢で気弱で女の子顔のウリー。
マッツったら本当にウリーのことを気にかけっぱなし。
ハナっからガッツリな2人だけど
ウリーが思い切ったことをやらかして以降、
微妙に彼らの関係が変わるのがまた堪らなくイイv
小悪魔ウリーと翻弄されるマッツ いつまでもジャレ合ってるがいいさv

実は2回目のレビューだったりするこの作品。
大好きなんですよぅ♪ 優しさと強さとニヤリに満ちた素晴らしい物語。
今回は人気の高い高橋健二氏の翻訳版を読みました。
ちょっと古風な言い回しですが、それがまた良い雰囲気で素敵ですよ。

微萌度 : ★★★★★ ( 駆け寄る35歳 見詰め合う35歳
              クリスマスを2人で祝う35歳!やっぱり一番のツボは先生's♪)

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/704-ed822608


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。