妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオナルドの沈黙

飛鳥部 勝則著 【 レオナルドの沈黙 】
オンライン書店ビーケーワン:レオナルドの沈黙

『 ・・・ 一目惚れの感覚とは、これに近いものなのかもしれない。
  二人の男の間に濃密な気配が漂った。 』


芸術家にして、卓越した洞察力・推理力を持つ 妹尾悠二が
奇妙な 遠隔殺人事件を解き明かす。名探偵・妹尾シリーズ第一弾。
大胆不敵な探偵小説 と銘打たれているだけあって
謎の解明直前に 読者への挑戦 が為されたりしているのだけど
読後感は 素直に 「 探偵小説を読んだ 」 という感じではなく×
ちょっとキモ怖い風。
犯人は結構早めから この人かな と目星は付くんですが
最後になってみたら 私は冒頭から騙されていた という・・・・・×
これ以上はネタバレ防止で 内容には触れませんが
古典的探偵小説を期待して読むと ちょっと違うな という気分になるかも。

微萌的には
本業はコンテンポラリー・アーティスト の妹尾悠二
( ダークスーツを身に纏った没落貴族風美形 ) と
妹尾さんの推理力に一目置き、親しく交流している刑事 影屋俊彦
( 映画俳優のような美男子 ) の二人の
なんとも微妙な視線の交わしあいがツボ。
この二人の間柄は作家さん自身が
“ そういう雰囲気 ” に見えるような書き方をしておられます。
< 探偵・妹尾 > に対して この影屋さんがワトスン役かと思いきや そうでもなく。
ワトスン役は他にいたりします。
影屋さん 登場シーンもあまり多くもなく控え目な感じ。
なのに結構な存在感。いい感じ♪

微萌度:★★★ ( シリーズ第一弾 ということは第二弾が出るの・・・・か・・な? )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

ちょうど気になってました。
レビュー、ありがたいですv購入意欲が一気に上がりました。
なんと!
微萌可な小説だったんですね(喜)
<“ そういう雰囲気 ” に見えるような書き方をしておられます。
狙ってるなと感じるところでニヤリ、とするのもまた一興でございます。

まるひげ URL | 2005/10/09 20:39 [ 編集 ]

ウフフ
私も最初 強引な感じの微萌路線かと思って読み始めたのですが
ウフフフフe-415
話の筋的には 別にいなくても成立するだろう影屋さんの存在。
一瞬 “ これって何かのシリーズの番外とか続編とか? ” と
考えてしまったんですが そうでもないようで。
となると やっぱりウフフですよね。
まるひげ様的にはいかがでしたでしょうか。
感想聞かせてくださいませ。
またblogのほうへもお邪魔させていただきますです♪

きろく URL | 2005/10/12 22:27 [ 編集 ]

お久しぶりです
こんにちは!響です。

ご無沙汰してますが、いつ陰ながら覗いてます。
早いものでもう十一月ですね。
きろくさんが紹介されてる本をいつか読もう!と思いつつもなかなか機会がなくて、今回ようやく読めました。妹尾さんと影屋さんのまったりとした雰囲気ににやにやしてしまいました。シリーズ第一弾なんですね(にやり
TBもさせていただきました。

寒くなりますが、お体には気をつけてください。
わ、私のように風邪をひかれないように…(汗
では、素敵な微萌な本の感想を楽しみにしてます。

URL | 2005/11/05 15:37 [ 編集 ]


響さま こんにちわ♪
TBありがとうございます。

妹尾さん・影屋さん ←思わせぶりな雰囲気が好い二人ですよねぇ。
やたらと いい男っぷり が強調されてる二人なだけに
先行きが楽しみです。

響さま お風邪はその後いかがですか?
実はきろくも 数日前から体調グダグダで・・・・・
風邪と胃腸炎をいっぺんに抱え込んでヒーヒー言ってます×
早く ピンピン元気になって微萌漬けになりたいです。 

きろく URL | 2005/11/08 08:57 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/70-59f40468


『レオナルドの沈黙』読了。
「私は遠隔のこの地にいたまま、目的の人物を思念によって殺してみせる」すべての家具が外に運び出された状態の家の中で首を吊って死んでいた男。密室状態の現場。踏み台にされたレオナルド・ダ・ヴィンチの手稿本と鏡文字の考察。第二の不可能犯罪の勃発。そして読者への
「レオナルドの沈黙」飛鳥部勝則
私的読書日記 | 2005.11.05
「で、影屋君、今回はどん
今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。