妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームズ!

今更な話題かもしれませんが、
ガイ・リッチー監督版の映画 『 シャーロック・ホームズ 』
なんと公開前にして続編の制作が決まったとか?
凄い強気だ。当たり確信なんですね。
確かにメインキャストの人気だけでも集客ばっちりな感じですが。
ホームズとワトスンの関係の描き方が鍵ですね。
ハマル人とヒイてしまう人どちらが多いか ・・・
まずは1作目の公開が楽しみなことです( 日本では3月ね♪ )

オマージュ パロディ パスティッシュ ・・・
ホームズを題材にした作品は色んなジャンルで それこそ星の数ほど生み出されていますが
がっつりゲイものとして描いている小説がこれ。

わが愛しのホームズ / ロヘイズ・ピアシー

ワトスン先生の告白記の体裁で語られる苦しい愛の物語。
同性を愛することは罪として実際に罰せられた時代のこと故
彼らの、とりわけワトスン先生の苦悩は深く ・・・
という作品なんですが
私ゃどうにも読んでいて照れくさくていけませんでした。
なんかね、
自分の友人たちが愛し合う役柄を真剣に演じているのを観ているような
ちょっと気恥ずかしい感じがしちゃって(苦笑)
やっぱりホームズとワトスン先生には “ 微萌 ” を感じていたいかも。
2人のちょっとした会話やら、ひょっとしたコミュニケーションの瞬間に
イイ感じを見出してニヤリとしていられるのが一番だと思いました。
映画も 「 あからさまでなく、でも・・・v 」 というトーンを期待♪

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/696-f9037c7c


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。