妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルフ警視と宇宙の謎

なんだか急に冷え込みますね今日この頃。
雪掻き道具必須な土地 から
積もっても昼頃には勝手にとけちゃってる ってか滅多に雪降らないよ
という所へ越してきたので 寒さも随分マシだろうと思っておったのですが
とんでもなかった 寒いです。
引越し中に電気ストーブを破壊してしまったのもイタイ×
小型暖房器具の購入を検討中です あぁ懐がますます寒く ・・・

シルフ警視と宇宙の謎 (ハヤカワepiブック・プラネット)
ユーリ・ツェー
415209060X


更新停止中にもモリモリとニヤリが蓄積されておったので
もうどこから手をつけようかという感じなんですが まずはこの作品から。

<多世界理論・パラレルワールド>を唱える物理学者ゼバスティアン。
それを舌鋒鋭く批判しているのは天才物理学者オスカー。
彼らは学生時代からの親友でもあった。
TV討論番組でオスカーと激しく議論した翌日、ゼバスティアンは息子を誘拐され
ある男の殺害を要求される。医療スキャンダルの鍵を握ると目されるその男は
妻マイケの知人でもあった。息子のために殺人を決行するゼバスティアン。
誘拐犯は何者か。何故ゼバスティアンが選ばれたのか。
余命わずかなシルフ警視にとって恐らく最後となる事件。その真相は ・・・


“ もう1つの世界 ” とか “ 誘拐事件があった世界となかった世界 ” などの
煽り文句で飾られていたので てっきりSFミステリーだと思って手にした一冊。
哲学的思考ミステリー? 強迫神経的ミステリー?
私ゃ 愛の懊悩ミステリーとして堪能させていただきました。

ゼバスティアンとオスカーの ヤヤコしく絡んでしまった想いあい が素敵です。
“ 2人で1人 ” “ 他の誰とも違う唯一の人 ”
ある出来事で ゼバスティアンの胸に巣食った小さなコンプレックス。
常に一緒だった2人の間にできた壁。
「 物理学の正道から = 自分から逃げた 」 とゼバスティアンを非難するオスカー。
蜜月関係はギクシャクしてしまったのに それでも毎月1回は
ゼバスティアンの妻子を交えての食事会を続けている彼ら。
ゼバスティアンの妻とオスカーの間には当然ながら微妙な空気が漂ってます。
結婚パーティーのときのオスカーの態度ったら!分かり易すぎます(笑)
そういう関係となると女のほうが逞しいといいますか 怖いといいますか、
夫の親友に対して打ち解けた態度をとっている雰囲気を保ちつつ
実際は ゼバスティアンは私のものアピール をし続けている妻マイケ。
なんて怖い食事会(笑) 妻の勝利か と思いきや、
ギクシャクしているはずのゼバスティアンとオスカーは
なんとコマメに オスカーの住む屋根裏部屋で2人きりの時間を過ごしているんですな。
その事実を妻は知らない ・・・ ひゃぁ~ッ

って ミステリー作品とは思えないレビューとなってしまいましたが
ちゃんと 事件が起こり、警察の捜査が始まり、複数の事件が縺れ ・・・ とミステリしてます。
シルフ警視も当然活躍。他にもイケイケがっぷりな女性警部や ほわわん系警察官など
いろんな場面が盛り込まれ、それぞれに想い抱えて生きているのですが
やっぱり 2人の物理学者の胸のうち が一番強烈なのでした。

微萌度 : ★★★★ ( ニヤリに出逢えるとは思わずに手にした本だっただけに
もの凄く得した気分になっちゃいましたよぅ。ニヤリってか ガッツリなんですものv )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

オイルヒーターはオヌヌメ
暖まりにくいですけど、熱こもらないし、乾燥しにくいから喉痛めないからいいっすよ。

オイルヒーター URL | 2009/11/06 19:36 [ 編集 ]

あぅぅッ
電気ヒーター買っちゃいました×安売りだったもんで飛びついちゃった×

きろく URL | 2009/11/08 21:29 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/688-fa6a7ae2


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。