妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気にニヤリとしてました(笑)

放置プレイ失礼しました その2。

あまりの放置状態に色々ご心配いただいた皆様 すみませんでした。
ありがとうございます 大丈夫でした。
もりもり元気で過ごしていたのですが 家のPC環境がなかなか整わず、
突然の引越しでの散財で懐も寒いので携帯料金も節約している事情から
まったくブログもメールも見ないままでおりました。
今、コメント・拍手・メールを拝読し感激中です。ほんとにありがとうございます~(涙)

書店にも長らく足を踏み入れていないので新刊情報がまったく×
あ、『 愚か者の盟約 』 ハヤカワ文庫から出ましたね~v
アマゾンの内容紹介 (「BOOKデータベース」より) をみて早速ニヤリ。
< それが野崎との運命の出会いだった > あぁ素敵 “ 運命の出会い ”
講談社文庫版の内容紹介もニヤリな誤解を生む感じで好きです。
< 第一秘書として政界の裏で手を汚してきた野崎浩平との無敵のコンビが、恋愛、
対米摩擦、派閥闘争を乗り越える迫真のポリティカル・スリラー >
寺久保さんと野崎さんとが対米摩擦・派閥闘争のみならず、
“ 恋愛関係を成就させる ” かのように読めてしまう素敵紹介(笑)
恋愛成就という展開はないけれども、
それより更にニヤリとさせる “ 野崎さんの涙目 ” が
絶版のまま埋もれてしまわなくて本当に嬉しいですねv

ばたばた中に読んだ本
『 螻蛄 』 『 秘密の菜園 』 『 シルフ警視と宇宙の謎 』
あとは 横溝正史作品やら乱歩もの マイケル・ナーヴァ作品を再読
それと ダン・ブラウンの 『 天使と悪魔 』 再読 & 映画をDVDで。
今更ながらカメルレンゴにハマリ中です。
これらについては近日中にニヤリを叫ぶと思います。色々堪ってます フフフ

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

お疲れ様です!!
そしてお久しぶりです、きろくさん!

お引越しなさったのですね。
ただでさえ荷造り&手続きが面倒臭いというのに、
その全過程を9日なんてどんな悪夢でしょう…。
連日のお忙しさに、体調など崩されてらっしゃいませんか?
本当にお疲れ様でした!!
でもこれからはゆっくり読書できますね♪

私事で恐縮ですが、自分も『天使と悪魔』をDVDにて鑑賞しました。
カメルレンゴ、良いですよね!!
小説は未読ですが、今ウズウズしております(笑)。
ニヤリ記事、お待ちしてます!

まるひげ URL | 2009/11/06 23:40 [ 編集 ]

有難うございます~ッv
わぁい まるひげさまv こんにちわ♪ご無沙汰してしまいました。
引越し頑張りましたです~(涙)
家探しと業者さんとの打ち合わせと荷物梱包が同時進行でエライこっちゃでした。
梱包なんて とにかく間に合わせねば ってことだけで
分類なんてする余裕もなく手当たり次第にダンボールに詰めるつめる!
って調子で梱包したものでダンボールの数が尋常でなく(笑)
引越し屋さんにも「箱多いですね・・・」って遠い目をされてしまいました。
搬入搬出のお兄さんたちには申し訳ないことをしたなぁと思います。
最近は ようやく気分的にも余裕ができて ご近所探検を楽しんだりしております。

『天使と悪魔』
良いですよね カメルレンゴ! 私は 原作 → DVD の順に観たんですが
その違いに吃驚しつつも それぞれの媒体ならでわ の面白さにハメられました。
というかカメルレンゴにハマリました(笑)
原作ぜひぜひv カメルレンゴの 信仰厚き故の悲哀 が濃くて良いです。
焼印を曝したまま駆け回る姿なんてクラクラきますよ(笑)

きろく URL | 2009/11/08 22:14 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/686-cc889ba7


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。