妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<香菜里屋>シリーズ

 表裏 依存? 彼がいるから ・・・
桜宵 (講談社文庫) 
北森鴻
4062753693

ギャーさまよりオススメ情報をいただいて早速手を伸ばしました♪
まずは2冊 『 花の下にて春死なむ 』 『 桜宵 』 を入手。

旨いビールと美味なる料理を提供する小さなビアバー<香菜里屋>のマスター・工藤が
謎めいた出来事の真実、隠された想いを解き明かす 安楽椅子探偵もの。


年齢不詳のマスター・工藤さんが魅力的 v
いつも バーのカウンターの向こうに赤いエプロンで立っている工藤さん。
ヨークシャーテリア似って貴方 擽るなぁ(笑)

2冊とも短編集です。 事件・出来事は各話それぞれで片が付いています。
でも 時間の流れは初めの 『 花の下にて・・・ 』 から順に流れていっていて
店の常連さんたちも段々に増えていくので 『 花の・・・ 』 から読んで好かった♪

さて ニヤリがドドンと来ますのは 『 桜宵 』 に収録の 『 旅人の真実 』
この短編で初登場する 香月圭吾 がニヤリを運んできました。
< プロフェッショナルバー > を経営している香月は自他共に認める優れたバーマン。
工藤さんとは以前からの知り合いで 他人が入り込めない空気を醸し出す間柄。
ヨーキー似の穏やかな工藤さんと ごついガタイで人柄も逞しい香月さん。
どういう繋がりの2人なのか謎めいているだけに フフフな思考が広がるひろがる。

じつは香月さん  『 旅人の・・・ 』 の前にも
『 桜宵 』 という短編で存在だけは登場してたりするんです。
工藤さんが店で珍しくカクテルを作ったときに
「 友人のバーマンに創案してもらった 」 と紹介する形で。
場面として綴られていない部分に彼ら2人の時間が存在していたのね と想うと
とってもイイですな v

続巻でも香月さんの登場はあるよね?2人の過去も見えてきたりするのかしら。
シリーズの続き 早く入手せねば!
ギャーさま ありがとうございます~v
 
微萌度 : ★★★★ ( 全体的に切なく寂しいトーン。それがまたシットリとイイ感じ )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

うっしっし♪
そうなんです。香月!!自信満々で男匂がプンプンしてるところと、妙に色気の漂う(?)工藤との関係がものっすごく気になってしまうのですよ♪♪
彼ら二人の会話も何となく深読みしちゃいたい感じがしますよね~(^皿^)
まだ文庫にはなっていないけど『香菜里屋を知っていますか』というのが最終巻!工藤と香月の過去も明らかになるらしいですわよ~(^3^)

きろくさん、なにやらお忙しいご様子。ブログの更新気長にお待ちしています☆風邪には気を付けてくださいね(^^)

ギャー URL | 2009/08/31 10:26 [ 編集 ]

早く続きを読みたいです~
ギャーさま ありがとうございますv
この一週間くらいが 第一の山 なので
まずは何とか これを乗り越えて・・・という感じです。
今しばらくは本を読む時間もPCタイムも我慢我慢・・・
う~× でも香菜里屋シリーズ続きを早く読みたいッ。
香月と話してる工藤は常と少し雰囲気が変わる ってのがイイですね~v
2人の過去が明らかに!それは楽しみですッvぶ、文庫化はまだなんですね。
まずは先に『蛍坂』・・・ いや、今はまず山超え頑張りま~す。

きろく URL | 2009/09/02 23:34 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/682-63c0773b


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。