妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林少年のこと

 少年とはいっても もう16歳ですよ v

少年小説大系 第7巻 少年探禎小説集

戦前の少年小説を集めた 『 少年小説大系 』 図書館から借りてきました。
お目当ては小酒井不木氏の 『 少年科学探偵 』 シリーズだったんですが
同時収録されていた乱歩氏の短文にガッツリもっていかれてしまいました。
その短文とは
『 青銅の魔人 』 の巻末に付された 『 小林少年のこと 』 という解説的な文章。
明智探偵と小林少年の絆が もの凄く意味ありげに 含みありげに 表現されています。
小林くんの可愛らしさ から入って
明智先生との絆の深さを知らしめ
いかに小林くんが明智先生のことを想っているか、大好きかを
過去の出来事を例にとりながら伝えてくれます。
「 一月も二月も先生に逢わないでいるとさびしくて堪らなくなってしまう 」 そうです。
で 久しぶりに先生にお逢いできると嬉しさのあまり
「 涙ぐんで先生に飛びついていったことがある 」 そうです。
明智先生のほうも 小林くんが危ない目にあった後には
「 アアよく無事でいてくれた と、少年のからだを抱きしめて、よろこぶ 」 そうです。
「 ああ なんという羨ましい師弟の間柄でしょう 」 
ほんとにね!(笑)
言い回しが一々素敵です。含みがいっぱいです。
やっぱり乱歩先生には敵いませんね!(笑)

微萌度 : ★★★★ ( もの凄いイチャイチャ -

他の収録作品タイトルを以下に ・・・

-------------------------------------------------

江戸川乱歩
 ・ 新宝島 ・ 智恵の一太郎 ・ 青銅の魔人
小酒井不木
 ・ 少年科学探偵
    紅色ダイヤ ・ 暗夜の格闘 ・ 髭の謎 ・ 頭蓋骨の秘密 ・ 白痴の智慧
    紫外線 ・ 塵埃は語る ・ 玉振時計の秘密
佐川春風
 ・ 富士夫の冒険 ・ 幻影魔人
森下雨村
 ・ 謎の暗号
    謎の暗号 ・ 電気水雷事件 ・ 間諜?怪盗? ・ 知恵の戦い ・ 消えた怪盗
甲賀三郎
 ・ お初桜事件 ・ 贋紙幣事件 ・ 白鳥丸の宝石 ・ 計略二重戦
大下宇陀児
 ・ 呪いの真珠
横溝正史
 ・ 仮面の盗賊

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

小林君と明智さんったら!!!
こんにちはきろくさん!
え!まままままま待って!!小林君と明智さんったら。。。
もしやそういう関係なのかしら(ウキウキ)

えぇっと。きろくさんのブログを読んでいたら蜜月真っ最中ってなもんですよね☆
ってことは夜も一緒に寝ちゃう感じなのかしら?
いつも別々の部屋で寝ているけどきっと小林君が枕を持って明智さんのお部屋をノックするんだわ!
で、ベッドに入って本を読んでいる明智さんがおいでおいでをして小林君をヨシヨシする!!
小林君は明智さんにぴったりくっついて幸せな夢をみるのでした♪

ってあーまた妄想が始まってしまいました↓↓

そうそう。連城さんの『ため息の時間』は絶版なんですね(涙)悲しすぎる↓↓
『白光』はゲットしましたのでそちらを読もうと思います。

勉強?うん。まぁ全然進まないですよね、読書と妄想が始まってしまうと(汗)

しかもまた長いコメントになってしまいました。きろくさんの星付けが始まって嬉しくって♪

ギャー URL | 2009/07/30 14:36 [ 編集 ]

裏★乱歩
ギャーさま こんにちわ♪
小林君と明智さん 裏★乱歩先生的にはもう 「彼らはガッツリだよ」 ってことですよね(笑)
ここに二十面相のおじさんが加わって ややこしい三つ巴 って乱歩先生
少年少女向けといいながら なんて淫靡(笑)

> 小林君は明智さんにぴったりくっついて幸せな夢をみるのでした♪

↑ そういうシーン 乱歩先生自らも本編にサラッと書いていてもおかしくない感じですよねッ。
う~ん なんて大人向け 少年探偵シリーズ。

『白光』 今 読んでおられる最中でしょうか。
読書と妄想と勉強3つ併せて 脳内 超!活性化 ですね。頑張って下さい!
またブログへもお邪魔します~♪

きろく URL | 2009/08/01 13:14 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/672-5ee6160d


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。