妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パニック

パニック・裸の王様 (新潮文庫)
開高 健
裸の王様・パニック・巨人と玩具・流亡記/収録

120年に一度の笹の実の大豊作によってネズミが大繁殖する と予想し
対策を講じるべきだ と上申する山林課の役人・俊介。
しかし自己の損得ばかり考える上司たちはそれを黙殺、最悪の結果を招いてしまう。
押寄せるネズミの群れ。
恐怖に混乱し、流言に翻弄される庶民たち。
弛んだ仕事ぶり 欲望に歪んだ役人たち。
それらに囲まれて俊介は何を思う ・・・


集団化すると人も獣も判断力を失い 破滅へと暴走するしかないんじゃないの?と
個人の思考を停止して流されることの危険 恐怖を感じさせる短編。
で 主人公・俊介と研究課長とが ちょっとニヤリな雰囲気でイイ作品 (笑)
これは有名処といっていいのかな?
俊介の 「 愛せる云々 」 発言はともかく(笑)2人でいる場面がなんかイイです。

私は角川文庫版で読みました。収録作品は < 裸の王様・パニック・なまけもの・流亡記 >
新潮版と1作品だけ違います。こちらにだけ収録の 『 なまけもの 』 も ちょっとニヤッと素敵ですよ♪


微萌度 : ★★ ( 飲みながら言い合う2人がイイ感じv )

( ★マーク再開してみます。それに関して以下でお礼を♪ )

----------------------------------------------------

★マークに関してご意見いただき本当にありがとうございます。
お言葉に力を貰って 「 わぁい♪ 」 とハシャイだ心持ちになり、
微萌度マーク再開を決めました。
★の数に趣味丸出し な感じもお楽しみいただけたらと思います(笑)
ありがとうございました。そしてこれからも宜しくお願いします v

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments


嬉や嬉や!!☆再会ですのね(≧3≦)
そしてワタクシめのブログにコメントくださってありがとうございます!
PCの前で身を捩ってしまうほどに嬉しかったです!!

いや~ん。ハジメマシテの作家さんだけどきろくさんがオススメしているし、購入しちゃおうかしら♪
文庫だし!今日給料出たし!!

あと、<亜愛一郎シリーズ>を購入したんですけど、どうしても『亜愛一郎の転倒』が見つからない!!
連城三紀彦氏の『ため息の時間』がない!!!本屋をハシゴしては地団駄踏んでいます(><)
・・・すみません。きろくさんからコメント頂けてうれしさのあまり思いのたけをぶつけてしまいました(笑)

そしてどうもきろくさんのブログにコメントすると長文になっちゃうんだよなぁ~ってもう充分長いですよね↓↓

これからもどうぞ末永くお付き合い宜しくです(^^;)

ギャーもしくはバステト URL | 2009/07/24 11:58 [ 編集 ]

こちらこそ宜しく願います~v
こんにちわ ギャーさま♪
★マークまたやってみます照れずに(笑)
この『パニック』は短編だしアッサリめの2人だしってことで★2つにしましたが
3つでもよかったかな?と迷ってみたり。★の感覚がまだ戻ってない感じです(笑)
あ、この作品をお読みになる際、もし新潮文庫版でしたら『なまけもの』にはご注意ください。
食事の前後最中には適さないシーンがちょこっとありました。
そして 亜さん!
書店にないですよね~。結構大きな書店でもなかったりしますよね。なんでだよぅ。
図書館には ・・・ あっても『狼狽』くらいかなぁ。
『ため息の時間』は絶版になっちゃってるみたいです。
「気づいたら絶版」という作品って沢山ありますね。悲しい・・・

きろく URL | 2009/07/26 14:25 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/669-f5d31cb7


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。