妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒野のホームズ、西へ行く

荒野のホームズ、西へ行く〔ハヤカワ・ミステリ1825〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
スティーヴ・ホッケンスミス
4150018251

シリーズ長編2作目 早速の邦訳うれしいかぎりです♪
一作目 『 荒野のホームズ 』 で微笑ましい二個イチっぷりを披露してくれた兄弟。
相変わらずワンセットで頑張ってます。
今回はなんと 鉄道探偵 となって大活躍ですよ。
颯爽と!とはいかないのがまたイイところ。死にそうな目に遭いまくりつつ、
それでもグスタフ兄ちゃんは謎に立ち向かい、弟オットーは愚痴をたれつつサポートします。
兄弟がちょっと仲違いしたりもしますが それも痴話喧嘩みたいなもの。
我が身を楯にして弟を守ろうとするお兄ちゃん とか
足を痛めたお兄ちゃんを姫抱っこするオットー 等々 ツボシーンがいっぱい。

荒野を疾走する鉄道で次々に起こる事件。謎の数々。
軽快な本格。 次作が楽しみ v

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/665-e6775130


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。