妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドゾーン

映画 『 ハゲタカ 』 やはりなかなか観にいく時間がとれません。
とりあえず原作を読んでみました。
( といっても映画と原作では全然違う展開だそうですが )
レッドゾーン(上・下)
真山 仁
4062154331


原作の鷲津さんは相変わらず色んな人たちからディープに愛されまくりで(笑)
鷲津さんを守る面々、頼ってくる人々、ちょっかいかけてくる奴ら ・・・
「 高級スーツを着ていてもパッとしない平凡人 」 と見せかけて底知れぬカリスマ!
ピアノを弾かせりゃ女性も野郎も魅了する!まったく油断のならない男だ鷲津政彦!
今回はストーカーまがいの付き纏いにあったり アランの死の謎に苦しみ続けてたり等々
受身な感じでいることが多かったので印象は大人しめ。
それでも企業防衛に乗り出してからの手腕は魅力的。
元上司もついついラブコールを口にしちゃうほど。返す態度がまた素敵。

映画版はどんな風になっているのかなぁ。
TVシリーズの流れを汲む展開にはアランの謎なんて存在しないだろうし、
原作では影の薄かった芝野さんもしっかり活躍してるんでしょうし、
何より西野治と鷲津さんの絡みが気になる気になるっ!
あ そういえばリン姉さんも違うんだ 政彦vラブ な原作リン姉さん好きなんだけどな。

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/662-7c3e2ff5


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。