妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたりはともだち

アーノルド・ローベル著 【 ふたりはともだち 】
オンライン書店ビーケーワン:ふたりはともだち

『 「 ぼく きみが きて くれて うれしいよ 」
  「 いつだって きてるじゃないか 」 』


かえるくん と がまくん の “ ふたりは--- ” シリーズ。
二人の日々の出来事を描いた小編が5話ずつ収められた4冊。
結構古い絵本なので ご存知の方も多いのではないでしょうか。

この絵本 一言で言うと 
かえるくんとがまくんの バカップルぶり が たまりません。
かえるくんが がまくんの事を好き過ぎます。
がまくんが かえるくんにわがまま言ったりしながら甘えまくりです。
“ ひとりきり ” というお話なんか もう 
「 ごちそうさま 」 というしかないです。甘々です。砂吐く勢いです。
挿絵も 二人の甘々っぷりをしっかり描いてくれています。
寄り添いまくりです。
いい絵本です。

微萌度:★★★★ ( いちゃいちゃです。)


テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

懐かしい!
小学生の頃、このおはなしが教科書に載っていたことを思い出しました。
シリーズの中の、おてがみを待つ話だったと思います。
 
当時は「おてがみ」という響きがなんだかかわいらしくて、好きでしたね。
だいすきなおともだちにおてがみを書いてみようという授業もあった気がします。
(いま考えると、ちょっと、ときめきますね)

それから○○年経った今、違う角度から改めて楽しめる機会がくるとは...(笑)

ご紹介、ありがとうございます。 近々、図書館に行ってみようと思います。

kaw URL | 2005/09/28 05:22 [ 編集 ]


こんにちわ kawさま。
教科書に載っていたんですか♪
「おてがみ」といえば
かえるくんの がまくんスキーぶりが溢れかえっているお話ですね。
う~ん 教科書 グッ ジョブ!
教科書って今思うと とても “素敵” な作品がチョイスされていて
なかなか侮れない本ですね。

きろく URL | 2005/09/30 09:47 [ 編集 ]

ありましたねぇ~。
kawさまに同感です!懐かしい~。
…というか、きろくさまのこの記事読むまでこのシリーズ
すっかり忘れてましたが(汗)、確かに教科書に載ってました。
うーん、両生類いちゃらぶ。
児童書ってストレートにキますよねぇ。

まるひげ URL | 2005/10/03 13:20 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/66-debfa473


ポケットモンスターエメラルド公式完全クリ
みれいのブログ | 2007.09.25
本編の攻略・モンスターの出現率などかなりいいデータだと思います。この本のコンテストバトルのコンビネーションを決めればほぼ優勝できます。また、ポケモンのデーターとどの技マシンが使えるか書かれています。ただ、バトルフロンティアの攻略についてはあまり詳しくない
今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。