妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すんなりと そう聴こえる

bsで放送中の歌の番組で ロシア民謡の 『 黒い瞳の 』 を聴きました。
男声コーラスで歌われたそれは
“ 地主の若様と使用人の青年 ” を歌っているように聴こえてしまって吃驚。
いや もちろん私が妄想過多なだけなんですけどね(苦笑)
メインボーカルの方の 男の艶めいた逞しさと色気 を感じさせるバスの響きで
あの歌詞を歌われると どうも ・・・

『 黒い瞳の若者が 私の心を虜にした 』  
  家畜の世話をしている逞しい使用人を見て一目で恋に落ちてしまった若様
『 諸手を差し伸べ若者を 私は優しく胸にいだく 』
  おぉ 積極的にアプローチ。
『 愛のささやきを告げながら 優しい言葉を私は待つ 』
  誘い受な感じで(笑)
『 緑の牧場で踊ろうよ 私の愛する黒い瞳 』
  もう夢中です。  
『 私の秘め事 父さまに告げ口する人 誰もいない 』
  あぁ秘め事だ バレたら大変。
  周囲の者たちも見てみぬ振りしてなきゃしょうがない。若様のなさることだからね~。

という世界が脳内に広がります。
再放送構成番組だから近いうちにまた聴けるかな。さて2回目はどんな風に聴こえるか ・・・

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

お久しぶりです。
ご無沙汰しておりました。覚えておいででしょうか・・・
私の方はきろくさんにコメントしようとしてモジモジするのを繰り返しておりました(自分のブログはちっとも更新していないし)
この歌!スゴイ歌詞ですね(@@;)
逞しい青年に深窓の若様は恋をする・・・と(笑)
ひゃっほー!大好きですのよ!!そのパターン♪

最近初めましての作家さん、栗本薫さんの『絃の聖域』を読んで、智と由起夫に萌えていましたところです(爆)
私今資格の勉強で読書している場合じゃないんですけど・・・
伊集院シリーズはまってしまって抜け出せなくなりそう(><)

ギャー URL | 2009/06/24 10:00 [ 編集 ]

とうさまには内緒v
わ~い ギャーさま こんにちわv
この歌 反応いただけて嬉しいですよぅ v
スゴイですよね! 男女の別不問 どうとでも解釈できる (笑) 
ロシア語の歌詞ではどうなっているのか知らないのですが
日本語訳の文章では “黒い瞳の人” も “その人を想っている人” も 性別は明らかでない。
それを美々しい男声コーラスで 絵づらも殿方オンリーでお送りされちゃった日にゃ!
最高でしたよ。今もこの歌の再放送を楽しみに番組チェックし続けています(笑)

『 絃の聖域 』 は邦楽の世界の話でしたでしょうか。古典芸能絡みも大好物です♪
栗本薫さんの作品は萌え人物が必ずいてくれますよね。耽美、妖美な関係がv
伊集院シリーズ 私もハマッてみようかなぁ。

勉強したい時にシリーズものにハマルと嬉しいやら気が散るやら ですね(笑)
しかし 勉強の合間あいまに程よい耽美 ってのもいいかもしれません。
萌え心と暗記ものが関連付けられて試験の時にもニヤリと出来るかもしれませんぜ。
資格取得がんばってくださいね!

きろく URL | 2009/06/26 12:48 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/656-2c715282


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。