妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンティークFUGA4 宝探しは眠りの森で

公式サイトができてたんですね → アンティークFUGA
まだ準備中ページがあったりしますが今後の充実に期待です。

アンティークFUGA 4 宝探しは眠りの森で (YA!フロンティア 20)
十々夜
4265072208

ちゅうことで4巻。英国編。今回も
今は亡き遠い昔の人たちの想いと
その人たちを愛し続け、想いを守り続けている つくも神たちの姿が
ちょっと切なく、ちょっと哀しく、でも暖かく描かれています。
風雅が 両親の封じ込められているペンダントヘッド を無事に入手できるのか
というところも注目なんですが、風雅くん自身は相変わらず のほほん とした子なので
必死! とか 悲壮感! といったキリキリした空気にならないのも
このシリーズのよいところですかね(笑)
ゲストキャラの間宮青年も好印象。野心を秘めた男は素敵だ。
紗那にいさんと唯にいさんも個性がしっかり定まってイイ味だしてます。
「 何がどうなろうと知ったこっちゃないが風雅を苛めたら許さないよ 」 って
どこぞの若旦那をお守りする番頭さんたちにも負けないくらい愛情たっぷり。
彼らと風雅の今後 が次巻からのテーマになっていくのでしょうか。
5巻は秋ごろかな?

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/652-67f34f3f


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。