妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎と月

再読祭 ちょっと中断
虎と月 (ミステリーYA!)
柳 広司
4652086318


中島敦 『 山月記 』 の後日談。李徴さんの息子が主人公。
ある日突然 「 お前の父は虎になった 」 と言われたら 確かに色々考えちゃうでしょね。
息子は 「 血のつながってる自分もいつか虎になってしまうのだろうか 」 と思うわけです。
で、その悩みを晴らすべく、最後に父に逢った人 袁參氏 に会いにいくのですが ・・・

面白かったすv YAなので左程深刻な空気にもならず結構淡々とした感じもあるんですが
なんしか李徴さんがカッコいいことなってます。
「 “ 虎 ” になった 」 かぁ。
本家 『 山月記 』 ではかなり残念な人生だったからね。よかったね李徴さん。

そして山月記といえば 李徴さんと袁參氏。
この作品での二人も イイ感じの絆 がありました。
私ゃニヤリのストライクゾーンが広めだから かもしれませんが ・・・(照)

漢詩の世界への興味も擽られます。終わりの空気が素敵です。
『 山月記 』 未読でも 「 わからない 」 なんてことはないと思いますが
やっぱり読んでいたほうがいいですね♪ 親友の絆にニヤリとするためにも ね♪

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/636-f76ffbb0


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。