妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲くや、この花 -左近の桜-

咲くや、この花 左近の桜
長野 まゆみ
4048739239

『 左近の桜 』 シリーズ2であります。
悩ましき高校3年生となった桜蔵くんの一年を描いた全12章。
桜蔵くん相変わらず というか よりパワーアップして
あやしのモノたちを惹きつけまくっております。
ソノ気はないのに絡めとられて襲われて、父・柾氏にニヤリとされて。
“ 女 ”桜蔵くん 身がもたないね(笑)

今回 色々と桜蔵くんを支えてくれる友人・久生くんがいい男です。
ニヤリじゃないんですが素敵な奴。
ガタイよくって優しい男。腰にちっちゃな彼女が纏わりついてる図がなんて可愛いv
他には、
ちょっと出番があった「左近」の板前・佐久間さんもイイ感じです。
逆に出番の少なかった羽ノ浦先生。今後はあまり登場しなくなるのかしら。
羽ノ浦先生と入れ違いのように 「左近」で暮らすことになったのが弥くん。
彼もまた色々と厄介な奴です。桜蔵くん 受験生なのに大変です。

成長と共に環境も変化していくお年頃の桜蔵くん。
この先 今以上にたっぷり妖しいメにあうんでしょうね(笑)
シリーズ3が楽しみです。

シリーズ1はこんな感じで読んでました → 『左近の桜』

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/632-b4f94b2b


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。