妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原作まんまで1クールぴったりか すげ・・・

何だか慌しく過ごして一日が終わってしまう
本に集中しづらい今日この頃。
片手間じゃなく ちょっと落ち着いて読みたいな っちゅうことで待機中なのが
 『 黒と赤の潮流 』 と 『 咲くや、この花 -左近の桜- 』 の2冊。
とりあえず早起き必須なあと数日を乗り越えたら夜中にがっぷり読めるぞぅ♪

今は 短編連作で内容も重くない 『 名探偵の掟 』 を再読。
名探偵の掟 (講談社文庫)
東野 圭吾
4062646188

もうすぐTV放送始まるのね ということで ・・・
名探偵の天下一大五郎 と その相方のぼんくら警部・大河原番三 の
素の部分でのやりとりが微笑ましい。
この作品は “ 本格推理のお約束 ” にツッコミ、足をすくい、
読者を(作家を)苦笑いさせる台詞連発の 「 探偵小説好き向けな世界 」
なんだと思うのだけどこれをTVでどう観せるのか、ちょっと観てみたくはある。
小説の二時間ドラマ化にツッコミまくる 『 花のOL湯けむり温泉殺人事件 』論 なんか
どう料理するんだろ。作品中での台詞がグッサリ我が身に刺さるんじゃないスかね。
二時間どころか帯ドラマ化だしね今回(苦笑)
例に洩れず 原作にはない女性キャラ ってのをくっ付けるそうですが
それがまた 「 男性主人公と友人以上恋人未満の美人女性 」 なんて
いかにもTVというか軽めな感じの設定で(笑)
番宣は コメディ ということを前面に押し出しての路線。 “ どういうコメディ ” でくるのか
1話が楽しみだ。原作では 「 シリーズ探偵という大五郎の存在そのもの 」 にも
疑問を投げかけ、揺らぎながら終わっていく。
この 揺らぎ の部分まで内包したドラマになるのか否か。
原作では続編というか姉妹編的な 『 名探偵の呪縛 』 で更に追求されていくのだけど ・・・
はっ! ひょっとして今回のTVドラマ化
『 掟 』 が当たれば 『 呪縛 』 で劇場版を録ろうとかって皮算用もあるとか言う?

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/630-f2df9e45


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。