妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私立探偵・麻生龍太郎

私立探偵・麻生龍太郎
柴田よしき
4048739263


はい きました 麻生・練v
と言っても 練の登場はさほどなく。でも登場する度にイイ。
いや、登場するしないに関わらず全体的に “ 麻生・練 ” の空気が堪らんイイ。
『 OUR HOUSE 』 っていきなりニヤリなタイトルから始まり、
書き下ろしのエピローグ含め 全5編。
素直じゃない二人の会話に身悶えッv お互いにツンデレってどうよッv
帰ってきた練と迎える麻生さん とか エピローグの彼らとか ってもう あなたっ!!
彼ら登場のシリーズに関しては多くを語るまでもないっすね。浸りましょうv

巻末に麻生さん登場作品を時系列に並べて紹介してくれています。なんて親切。
練の登場作となると これに花咲慎一郎シリーズ4冊を足すってことですな。
時系列となると、RIKOシリーズと入り混じるのかな?
そういえば 『 ア・ソング・フォー・ユー 』 って読んだっけ ・・・?
ついでにって言っちゃぁ何だが 『 私立探偵・・・ 』 以降の練関係作品を
再読といこうかしら フフフv 練まつり よ フフフv 6冊か 結構あるわね フフフv

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

はじめまして。
全体的に「麻生・練」の空気がいいって言うのにすごく同感です!私も浸って読んでいました。

二人の物語、完結して欲しいけどいつまでも読んでいたいような・・・。

私も再読しようかな。

olivegreen URL | 2009/03/23 00:25 [ 編集 ]

いいですよねぇv
olivegreenさま はじめまして。きろくです。 コメントありがとうございます♪
麻生さんと練のジャレ合い的な会話がなんともイイ空気ですよねv
彼らのちょっとした会話とか触れ合いをもっと味わいたい
・・・ いつまでも読んでいたいですよねほんとにv
私は現在『聖母・・・』再読中です♪(未読本の山は高くなるばかり-笑)
olivegreenさまも 練まつりor龍まつり いかがですか♪

きろく URL | 2009/03/24 15:10 [ 編集 ]

早く読みたいっ!
きろくさま、お久しぶりです!ちま太です~v
さっそく読まれたのですね!!
きろくさまのレビューを読んでヨダレが・・・(笑)
新聞で新刊の宣伝を見てから、市立図書館にリクエストを出したら、もうすでに十人待ちでした。(うちの市って・・・)
手元に届くまでは、きろくさまのレビューで妄想を膨らませつつ、楽しみに待つことにします♪
あーでも早く読みたいっ!
(読んだら勢いでまたお邪魔しちゃうかもしれませんが…その時は適当にあしらってやってくださいませ;)

ちま太 URL | 2009/03/29 16:36 [ 編集 ]

どこまでもイイッv
わぁいvちま太さま こんにちわ~♪
図書館10人待ちですか!
さすが龍太郎 いや練か いやいや 龍v練か(笑)
今回もイイですよぉv
私立探偵してる麻生さんを読みながらその裏に練の存在を感じつつニヤリやきもき。
「麻生さん!もっと練のこと構っておかないと!今!」って もぉ~(悶)

読み終えられた時には是非叫びにいらして下さいませv
私も今『RIKOシリーズ』再読中で脳内は龍v練まつり状態にありますから
彼らの話ならいくらでもガッツリとイケますぜぃv
早く本がお手元に届きますように陰ながら念を送らせていただきます~ッ

きろく URL | 2009/03/30 15:29 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/622-fbdde19f


【私立探偵・麻生龍太郎】 柴田よしき 著
じゅずじの旦那 | 2009.05.05
聖なる黒夜の衝撃再び。麻生龍太郎と山内練の新たな物語。  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] blogRanking[:右斜め上:]【あらすじ】春日組大幹部殺害事件が解決し、刑事を辞めた麻生。彼は私立探偵として新たな一歩を踏みだした。彼の元には人間の業とも
今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。