妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナヴァロンの要塞

原作は 『 ナヴァロンの要塞 』
映画のほうは 『 ナバロンの要塞 』 微妙に違う(笑)

第二次大戦中 ギリシャのケロス島に孤立したイギリスの将兵たち
ドイツの大攻撃作戦から彼らを救い出すべく
連合軍の駆逐艦が派遣されることになったのだが その航路上は
独逸軍の巨大要塞砲2門が睨みをきかせている
「 駆逐艦が航路に到着するまでに巨大砲を破壊せよ 」
難航不落の要塞ナヴァロン
これまで幾人もが潜入作戦に失敗している要塞へ少数精鋭部隊が挑む
ミッションは成功するのか それとも ・・・


崖をよじ登るミッションということで登山家として超有名人のキース・マロリー大尉がメンバー入り。
このマロリー大尉がニヤリの元。とても魅力的。皆が惹かれる、味方も敵も(笑)
アンドレアというギリシャ人の副官がついていて 彼との仲は 「 一心同体 」
原作版でのアンドレアとマロリーは 「 色々ご馳走さまv」 と言いたくなるような。
ちなみにアンドレア、2人だけでの会話中だけマロリーさんを 「 キース 」 と呼びます。
映画版では このご馳走様な感じは薄~い。
そのかわり ミラー伍長とマロリーさんにニヤリです。
ミラー伍長は爆破の天才。爆弾担当で作戦に参加。
( 原作ではフケツのミラーという二つ名あり )
作戦の立案者であるフランクリン少佐とミラーさんとの友情が際立つ仕上げになっていて、
このフランクリン少佐の扱いを巡ってマロリーと衝突するミラーさん。
反感 衝突 共同作業 そして和解 ミラーさんの吸うタバコを奪って口にするマロリーさん。
すごい王道コースじゃないすか(笑)

総合的なニヤリっぷりはやっぱり原作のほうに軍配。マロリーさんが堪らん凄い。
(平野イサクさん訳による マロリーさんのしゃべり口調 もニヤリを煽ります )
ナヴァロンの要塞 (ハヤカワ文庫 NV 131)
アリステア・マクリーン
4150401314


完全に男祭な原作を 映画版では
レジスタンスの闘士として女性が2名 活躍するように変更されております。
ナバロンの要塞 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
アンソニー・クイン, デビッド・ニーブン, グレゴリー・ペック, J.リー・トンプソン
B000YI7V5K

やっぱり 華がほしい とかそういうことだったんですかね。

小説のほうは 『 ---要塞 』 の後に
『 ナヴァロンの嵐 』 という続編がマクリーン作で発表 ( 映画化も )
更にサム・ルウェリン作で 『 ナヴァロンの風雲 』 『 ナヴァロンの雷鳴 』 と
ナヴァロンの・・・シリーズが書かれています。
ルウェリン作品は未読なんですが絶版なんですよね。
どんななのかなぁ ちょっと気にならなくもない ・・・

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

my Keithてなかなか…
古い記事に突然コメント入れて恐縮です。
最近マクリーンにはまってナヴァロンシリーズも今更ながらにマイ・ブーム到来で、色々検索しているうちに似たような萌え方をしているこちらの記事にたどり着きました。やはり微妙に萌える方もいるんですね。
絶版の3、4巻を古書で入手したのですが、評判はあまり良くなかったかと思いますが、萌える方にちょっとどきどきする本でした!面白かったです。
もしまだ未読なら是非ご一読を!

nao URL | 2015/10/24 03:48 [ 編集 ]

シリーズ3、4巻も…
naoさま コメントありがとうございます♪
同じ萌えツボを堪能しつつ読んでらっしゃる方との出会い 至福です♡
3、4巻目は未入手のまま なんとなく諦め放置していたのですが
どきどきな面白さに出会えるのならば
また頑張って探す意欲が湧きました ウフフ♡
ありがとうございます♪

きろく URL | 2015/10/24 16:21 [ 編集 ]

とても良い時代になったものです。
絶版本も殆どはamazonの古書で通販出来そうです。今ままでの所、あそこで買えなかったのは1冊だけでした。amazon公式から上手く探せなくて、何故かGoogle検索から該当書籍のamazonページを探してるんですが…
電子書籍になってくれると良いけど、ハヤカワNVの古い本ではあまり期待出来なくて残念ですね。

それにしてもはまるのが遅すぎて、どこぞにファンのコミュニティでもないかなと思いつつ、FanFiction求めてネットの海を彷徨ってました。本当はHMSユリシーズとナヴァロンの二本ですが、日本サイトでは殆ど見当たらず、結局海外サイトを探して両作でなんとか10本発見という残念な結果です。
ナヴァロンfanficについては辞書ツールに頼る語学水準でもなかなか素敵だ…と思うSSを2本見ましたよ!
海外ファンもやはりマイ・キースにやられてるのか…とちょっと面白かったです。全世界、萌心はあまり変わらないですね^_^

nao URL | 2015/10/25 18:22 [ 編集 ]

ニヤリは世界の想いなのですね
日本では作品自体絶版状態が続いているという悲しい状態なのに
海外ではニヤリな想いを発信し続けているファンもおられるのですね。
いや、日本でもこそ~りと楽しんでおられる方が私も含め沢山存在しているのかもしれませんが。
私はというと未だに古書店めぐって探している状態で…
アマゾン古書で1円というのには出会ったのですが
本の状態がよくわからないので購入ポチする勇気がまだ湧かなくて…(^^;)
出先で古書店見つけて立ち寄っては
違う作品を抱えて帰ってくるという事を続けてます。
電子書籍化 してくれたらほんとに嬉しいですね!

きろく URL | 2015/12/19 15:37 [ 編集 ]

「キース」vvv
きろくさんたちのコメントを拝読して辛抱たまらず原作を読み始めました。
(映画のほうは子どものころTVで見たはずなんですがよく覚えていません。)
マロリーさんの男たらしっぷり、どんだけですか!ミラー、怪我をしたスティーブンス、そして今、ドイツ兵に捕まって大ピンチですがここでも~(笑)
そしてアンドレア、心身ともに二人の距離が近すぎです、まさしく 「一心同体」(ブラボー)
絶体絶命でも「アンドレアが生きてさえいれば大丈夫」っていじらしいなマロリーさん。
アンドレア、最後まで生きててくれよ~

(^_^)/みつ URL | 2016/01/12 15:12 [ 編集 ]

Re: 「キース」vvv
「ごちそうさま」「ありがとう♡」がいっぱいの名作ですよね~♪
なのに早川文庫では<・・・要塞>以外は絶版のままって何でかしら!
勿体ないって身悶えますわねっ。
やっぱり原作のマロリーさんとアンドレアのアレやコレやが
一番心ワキワキさせてくれますものねぇ♡

きろく URL | 2016/01/15 17:45 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/616-0d1fc63e


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。