妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五千回の生死

長編再読祭 『 ねじの回転 』 に続いて
検閲図書館シリーズ 『 マヂック・オペラ 』 を読了。なんとな~く二・二六繋がりで。
謎すぎる忌一郎さんがイイv ラストが楽しみなシリーズです。
( 続きはいつになるのかしら。ま、まさか永久放置 ・・・ )

さて次に引っ張り出したのは
五千回の生死 (新潮文庫)
宮本 輝

短編集です。長編再読祭 とか言っておきながら(汗) 二・二六も絡んでません。
サクッと読める 全9作品収録。
表題作の 『 五千回の生死 』 がなんとなくニヤリなんです。

12年ぶりに再会した友人と酒を飲みながらの昔話。
赤貧の若き日に体験した不思議な一夜の思い出。
自転車で現れた妙な青年。親切なのかアブナイ奴なのか。
警戒心をかき立てられる状況 あまりにも不審な青年 でも 何故か惹きつけられる ・・・


寒い夜道の自転車行。怪しくて 微笑ましくて 優しくて 寂しくて 
短いながら 色んな想いが湧いてくる 一緒にニヤリも湧いてくる素敵な作品です。

文庫同収録の 『 復讐 』 は アッと吃驚ドッキリ な展開を見せる作品。
「 そうくるんだったかぁ 油断してたよ  」 でした (笑)
ニヤリでなく 直球?いや、変化球?思わぬところから最後ストライク? って感じです。

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

こんにちは~♪
宮本輝の本は一度読んでみたかったので、きろくさんの紹介を起爆剤にしてコレ読みました~。
今んとこ、「五千回の生死」「復讐」だけ読みましたが、またもやニヤリとしました。
期待していたとはいえ「復讐」のラストにはビビりましたねー。
短編だけに妄想の余白たたくさんあって、4人の相関図を捏造しちゃいましたよー。
長井(主人公)総受で(笑)
宮本さんの文体が、思った以上に読みやすかったので、その他の作品もおいおい読んでみたいと思います。
それにしても・・・「復讐」はほんとすごかったですねえ。
では。

霜月うまれ URL | 2009/03/28 22:57 [ 編集 ]

余白v
霜月うまれさま こんにちわ♪
『復讐』のラスト 「そうなの!?」ってなりますよねっ。
数ページに圧縮された短編だからこその「!」なんでしょうか。
>4人の相関図
いいですねぇフフフ そこから余白を書き埋めていけば
かなり深いややこしい面白い作品が出来上がりますよね フフフv
>長井(主人公)総受で(笑)
ええ もちろん総受で(笑)

宮本輝さん 沢山の作品がある方ですが私もちょこっとしか ・・・
『五千回・・・』は短編集ってことで手に取りやすかったんですよね。
川三部作とか ・・・ ちょっと腐目線にも刺激があったり・・・v
『復讐』のインパクトの後には弱いかもしれませんが(笑)

きろく URL | 2009/03/30 15:27 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/613-6b0112d0


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。