妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神曲 <煉獄篇>

神曲 煉獄篇 (河出文庫)
ダンテ 訳:平川 祐弘
4309463142


ウェルギリウスとダンテの旅その2
地獄を抜けて辿りついたのは “ 浄化の為の苦罰 ” を受ける者たちの世界。
重たい石を背負わされて歩く人々とか 火の中を歩き続ける人々とか
結構エライ罰が繰り広げられているのだけれど
救いは “ 生前の罪深い行いを悔いる時間を過ごす為の場所 ” であるということ。
ここにいる人たちはいつか時がくれば天国へ入ることが約束されているんですな。
まぁ 苦行の時間はもの凄い永い時間、ン百年単位なんで辛いっちゃ辛い場所。
でも生きている誰かが自分の為に祈りを捧げてくれたら
その分苦行時間が短くなるってんで皆さん “ 生き身の者ダンテ ” に
人間界へのお言付けを頼むんです。
その会話等々が綴られていく煉獄篇。
ウェルギリウス先生も幾分不案内な世界なので
「 上へいくにはどっちに行ったらいいの?」 などと亡者さんたちに尋ねながら進みます。
その時 亡者の皆さんが一様に 「 この者(ダンテ)には影があるぞ!」 って
驚くのが面白い。
(魂の皆さんには影が出来ないのですが肉体の滅んでいないダンテには影があるんです)

今回もダンテさん ウェルギリウス先生に引っ付きっぱなしで可愛らしい。
先生だの慈父だのと慕いまくりです。
ただ地獄の時と違ってウェルギリウス先生、
質問されても明快に答えてくれないことが多くなりました。
「それは私ではなく天国で待ってるベアトリーチェに聞きなさい」って。
このベアトリーチェさんこそが
ダンテの死後巡りのお守り をウェルギリウス先生に頼んだお人。天国で待っています。
なのでウェルギリウス先生は今回の煉獄まで。天国の入り口で彼女とバトンタッチです。
元々ウェルギリウス先生は天界へ入れない人ですから仕方ない。
でも残念。
ダンテさんもウェルギリウス先生がいなくなると泣いちゃいます。
そしてベアトリーチェさんに叱られます(笑) ベアトリーチェさん結構怖いです。

地獄篇ほどの勢いはない感じでしたが
仲良し師弟の登山道中記 的な楽しみのある煉獄篇でした。
残るは天国篇のみ。 でももうウェルギリウス先生いないし ・・・

地獄篇レビューはこんなでした → 神曲<地獄篇>

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/607-8c158975


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。