妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ 亜愛一郎

泡坂妻夫さん追悼。
亜愛一郎シリーズ
『 亜愛一郎の狼狽 』 『 亜愛一郎の転倒 』 『 亜愛一郎の逃亡 』
亜愛一郎の狼狽 (創元推理文庫)
泡坂 妻夫
4488402143

このシリーズの第1作 『 DL2号機事件 』 は泡坂さんのデビュー作でもありました。

“ 彫りの深い端整な顔立ちで背もスラリと高く、黙っていれば完璧な麗人 ” 愛一郎さん。
しかし その言動はかなり怪しい。皆がヒクほど怪しい。突然白目剥くし(笑)
そんな怪しくスッとぼけた彼ですが、観察力と推理力は超一級。
何故か度々遭遇する殺人事件も、
特に改まって捜査するでもなく普通に見聞きしていた内容から推察し、犯人を暴いてしまう。
この推理の経過を聞いて(読んで) 「 あぁなるほど 」 と楽しむミステリ作品。

とにかく 愛一郎さんのキャラが素敵です。
微萌的ではないですね。 愛一郎さんへのキャラ萌。
愛一郎さんが醸し出すスッとぼけた雰囲気も楽しい短編シリーズ。
再読しようと思います。
亜智一郎の恐慌 (創元推理文庫)
泡坂 妻夫
4488402186

ご先祖さまの 智一郎さんシリーズも♪

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/606-2f9a044b


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。