妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いかにしてそれは起こったか

ドイル傑作選〈2〉ホラー・SF篇
北原 尚彦 西崎 憲 Arthur Conan Doyle
4881357395

傑作選に収められた全14編中の “ 神秘の物語選 ” から。
『 いかにしてそれは起こったか 』 短編です。
冒頭からオチがある程度読めてしまうのですが
タイトル通り 「 いかにしてそれは起こったか 」 に惹きつけられて、
白ける事などありませんでした。
いや白けるどころか “ 彼ら ” にグイグイ惹きつけられちゃってv

登場人物は少ないです。
この話を語っている <私> と 運転手パーキンス と
<私> の友人スタンリー ( + 話を筆記している婦人 )

<私> とスタンリーの関係がとっても興味深いです。
大学時代からの知り合いだそうです。
<私>はとってもスタンリーのことが好ましくて、気になって仕方がない相手でした。
2人の付き合いについて多くは語られていないだけに余計にあれこれ想ってしまえます。
そもそも何故 “ あの場 ” へ来たんだいスタンリー?
それとも “これまで見えていなかっただけで常に傍にいたのかい ”スタンリー?
パーキンスの忠義っぷりも光ってます。魅力です。イイ感じです。

短編ながらも心ガッシリ鷲掴みv やっぱりドイルはイイ♪

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/594-c96dd094


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。